スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

腰痛

症例報告より

先生方今日は。症例報告いたします。

50歳 男性の方で日曜にソフトボールを2試合やった後、ズボンを着替えようと左足を上げた時に痛みが出た。少し寝て休んでから起きようとしたらまた腰が痛くなり左足が痺れて立てなくなった。

側臥位が一番楽なので側臥位で仙骨付近に圧痛があったので腰を捻転しながら静圧した。圧痛は大分取れたが仰臥位で足を伸ばすと左側腸骨陵付近とふくらはぎに痛みが出る。腹屈は楽。椎間板の損屈を疑い大腿前方牽引捻転をすると痛みが強くなる。側臥位で腸骨を下方に肩を上方に牽引して捻転すると楽になるが痛みは完全に取れない。他に方法がないか質問しました。

回答
骨盤の靭帯の緩みです。
伏臥位なら楽だと思います。
→伏臥位だと痛みがあるのですが
骨盤を挟定すればよい。

結果
伏臥位で挟定すると痛みが出る。
一旦立ちたいとのこと。
立ち上がった後、骨盤の歪みをとり晒しを巻いたら凄く楽とのこと。

巻き方を伝えその日は終了しました。

山田先生ありがとうございました。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
新潟県三条市直江町2丁目2番24号
な ご み 自 然 形 体 院
TEL(0256)33-7530 鈴木 孝一
HomePage http://www.nagomi-s.jp
mail suzuki51@shizenkeitai.co.jp
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

人気ブログランキングへワンクリックお願い致します

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。