スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

肩の痛み


症例報告より

これは、結果として、その場では治らなかった例ですが、
何故、治らなかったのか?
それは、「3日前にマッサージに行き強くもまれたこと」が原因です。強く揉むことは内部の組織(肉、筋肉)が損傷を受けて傷になっているからです。しかも、複雑に断裂が生じているから、回復に時間がかかります。
丁度、牛肉をまな板の上で揉んだり叩いたりすると同様の事がからだの内部で発生しているからです。
牛肉は繊維が切れて柔らかくなり、食べ易くなりますが活きた身体の組織は内部に傷が生じたことなのです。
「揉み起こし」とはこの事を指します。

按摩、マッサージは軽くやることは問題は起きにくいですが、この場合も長時間やれば同じことになります。
自然形体療法では、この回復を早めることができます。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


先生方今日は。症例報告いたします。

58歳 女性 運転手の方で半年前から寝ていると腕が痺れるとのこと。

肩周辺を指頭静圧した後、回内をしようとしましたが痛くてできない。肩周辺も指頭静圧したときも圧痛があったとのこと。挟定しても痛い、腕を牽引しても痛い、いろいろな方向の牽引を試みるがいずれも痛い。激しく揉んだか聞くとそうだとのこと。よく聞くと3日前にマッサージに行き強くもまれたとのこと。とりあえず肩は指撫法だとそんなに痛くないとのことで指撫法だけやった。他に何かできることはないか質問しました。

回答
その状態だと中でかなり傷ができている。指撫法をするしかない。念入りにやって痛くない程度に動かしてし中のキズが治るのを待つしかない。

結果
そのように説明し、念入りに指撫法を行い終了しました。

2、3日後に予約をするよう話しましたが、あまり気がないようでまた電話をすると帰られました。

山田先生、いつもありがとうございます。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
新潟県三条市直江町2丁目2番24号
な ご み 自 然 形 体 院
TEL(0256)33-7530 鈴木 孝一
HomePage http://www.nagomi-s.jp
mail suzuki51@shizenkeitai.co.jp
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

人気ブログランキングへワンクリックお願い致します

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。