スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

膝の痛み 変形性膝関節症

膝の痛み

52才  男性  自営業

膝の痛み  
2年前から痛みで正座できない。変形性膝関節症と
診断され、一生正座はできないと言われる。
初診時、膝の痛みは少しだけ。無理に曲げようとすると痛い。
腹屈で膝を曲げると、踵とお尻の間が17~18センチくらい。

膝の痛み
1年ほど前から痛み始める。特に今年の7月ごろからひどくなった。
(消防の大会に、膝が痛くならないように座薬をやって出たら、
 薬がきれてきたころから、ずきずきと痛み出した。)
立ち上がる時や、階段の上り下りで痛い。
左足より、膝は深く曲がり、初診時、踵とお尻の間は7~8センチくらい。

両足とも、1回目の治療で、膝の痛みはほぼ取れた。(「膝猫」はすごい!)

2回目で、右足はほぼ踵がお尻につくくらい曲がるようになった。
左足は、曲げてみるたびに痛いところが移動するので、3回目の時に
質問。(左足のみ)3回目の治療前、踵とお尻の間は15センチくらい。
(2回目の終了時より、かなりもどっている)

→深く曲げると、大腿のやや外側がぴーんとはって痛い。

回答
痛くなる寸前ではっているところを、マザーキャットで@@@。はりが無くなるまで。

結果
痛みは解消。

今度は、膝の皿の上やや内側が痛い。再度、質問。


回答
痛いところの少し上を挟定し、痛いところをマザーキャットで@@@。

結果
痛みは、解消。

今度は、膝の裏が両側痛い。再度質問。


回答
筋肉の動作転位が疑われるので、痛いところをさわって曲げる。

それがだめなら、

仰臥位で痛いところに指をあてて、その上からマザーキャットで@@@@法。


結果
筋肉の動作転位で、膝裏の痛みは無かったようだが、今度は、大腿の
やや内側の方がぴーんと痛い。

それもマザーキャットと思い、やっている途中で、左足がつりそう、
というので、時間も経過していたので、今回は終了。

この時点で、左足は、踵とお尻の間が5センチくらいまで曲がるように
なっていました。


この方は、正座ができるようになるまで治療を続けたい、という希望
なので、継続して治療します。


山田先生、何回もありがとうございました。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪  
  秋田県湯沢市関口字関口15-2 
  コスモス自然形体院  小松 尚子

  TEL 090-5596-4792
  ホームページ  http://www.cosmos-shizen.jp/
  ブログ       http://blog.goo.ne.jp/koma1958/
   メールアドレス   sk-357@kdt.biglobe.ne.jp
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
人気ブログランキングへワンクリックお願い致します


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療 - ジャンル : 心と身体

tag : 痛み 膝の痛み

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。