スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

後頭部から肩甲骨にかけての痛苦しさ。

後頭部から肩甲骨にかけての痛苦しさ。

34歳 男性 自転車屋

この患者さんの主訴は20年前からの後頭部から肩甲骨にかけての痛苦しさ。
それも鉄パイプが入っているかのような強いコリ。

これは@@@@法+指撫法で痛みはほとんどなくりました。
重苦しさに変わり、どんな治療を受けても全く駄目だったのにと
患者さんも楽になってきて喜んでいました。

今回は両足の拇指の付け根のモワモワ感と屈曲痛。
これは小学生のときにジャンプし、尖った所に着地してからこのような症状になった。
損屈法をしても叩打法と指撫法、動作法、緊張還元法などをやっても変化がなかったので
山田先生に質問しました。

回答
損屈の症状ですね。

→やってみましたが変化ありません。

回答
深いところの損屈なので、骨に近いところから引っぺがすようにやる。

→やってみましたが変化ありません。
 患者さんが自分で外上方に曲げる時だけ痛みがでます。
 私が曲げても痛くありません。

回答
それは足底筋に緊張が残っています。
そこを叩打法と横引きを繰り返すと治まります。

結果
5分から10分くらいやりましたが、変化ありませんでした。
主訴の部分の施術にも時間がかかるので、足だけじっくりできませんでした。
かなり強い癒着だと思うので時間がかかるのだと思います。
引き続き治療を続けます。
山田先生、お忙しいところありがとうございました。


岩手県大船渡市立根町字宮田76-2
おかざわ自然整体院 岡澤 淳
電話0192-27-2836
ブログ http://blog.livedoor.jp/shizennkeitai/

人気ブログランキングへワンクリックお願い致します



スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療 - ジャンル : 心と身体

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。