スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

突然の大腿の激痛

突然の大腿の激痛

昨日の研修中の事

突然研修生の一人が膝上前面から内側にかけて激痛を訴えた。
椅子に腰かけた状態で、衣服がこすれるだけで激痛が走る。
その部分を衣服の上からそっと触れてみると腫れ上がっていた。

目の前で突然激痛を訴えだしたのは私もはじめての経験である。

たまたまそちらを向いていたので、その時の様子を見ていたが
腰かけた状態で姿勢を少し変えただけの動作だった。

腰椎の捻じれと診断してそのままの状態で治療したが変化なし。
場所から言えば腰椎の2番の捻じれの可能性が強いが
膝関節の転位の可能性もあり、椎間板の可能性もある。

椅子に腰かけた状態では無理と判断し、少し痛みも収まったので
治療台で治療する。

完全ではないが激痛は収まった。

どうやら複合した痛みだったらしい。

日頃の状態から椎間板損屈もあり、脊椎の捻じれもあり
膝関節の転位もあった。
こうした複合痛が一気にでるのは珍しいと思った。

しかも、ほんの少し態勢を変えただけで…。

自然形体療法 創始者 山田 洋

人気ブログランキングへワンクリックお願い致します


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療 - ジャンル : 心と身体

tag : 膝の痛み 痛み

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。