スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手の指が曲がらない

以前質問させていただいた下記の症例について再度質問しました。

今回で6回目
右手は指が掌底につくほどに曲がるようになりましたが、それからなかなか進展しない。
左手は指が掌底にはつきませんが、やや良くなった来ましたが、それからなかなか進展しない。
それと明け方から両手の痛みが毎日あり、改善しない。

このまま同じように治療を続けていいかどうか迷ったので山田先生に質問しました。

回答
握手で握る時、患者さんの指を引っ張る。
そうするともっと曲がるようになります。

朝方痛いのは、疲労が取れきってないので、症状がぶり返す。
患者さんのしぶ法を教えて、寝る前にやるように。

結果
右手は「あ、また曲がるようになった」と患者さんも分かるほどになりました。
左手は少しですが、曲がるようになりました。

しぶ法も患者さんに教えて、やるように指導しました。

患者さん曰く、
「しぶ法はやってもらうと気持ちがよく、何かが抜けて行くような感じがする」とのことでした。
「朝方痛みがあると、こうやっていた(ざっざっと何かを払いのけるように強くさすっていた)」というので
「それは強すぎますよ。かえって悪化させていますよ」と説明すると、なっとくしていました。

山田先生、お忙しいところありがとうございました。

岩手県大船渡市立根町字宮田76-2
おかざわ自然整体院 岡澤 淳
電話0192-27-2836





----- Original Message -----
From: okazawa
To: 症例質問
Sent: Thursday, July 17, 2008 4:24 PM
Subject: 症例報告:両手首、両手指の強張り、握れない


44歳 女性 主婦

両手が少ししか曲げられない、最後まで伸ばせない。
両手首、両手指の強張り。特に手首は肉がギュッと詰まったような硬さ。
体全体に緊張があり、無意識に力が入る。

1年ぐらい前まで調理の仕事をしていた。
今年の4月あたりから上記の症状が出始め、その前までは週1でテニスサークルに通っていた。

今回で3回目であるが、前腕、手指の振張法や軽く横引き、指頭静圧、せんだん、振動法など行い、少しづつ強張りはとれてきてはいるもののほんの少しずつなので、これでいいものかどうか山田先生に質問しました。

回答
握手で強く握る。これでかなり回復すると思います。
そのほかに手首、手の指をしぶ法する。100回~200回とかという単位

→これは重症な方でしょうか?
回答
そうですね。
リウマチの前だがひどいほうでしょう。


時間がかかるほうでしょうか?

回答
時間がかかると思いますが、(治療を続けていれば)自然に治っていくと思います。


結果
握手をやるとかなり曲げられるようになりました。
他の手法ではなかなか変化なかったのに「えー?」という程でした。

患者さんにどうですか?と聞くと平然と「痛い」という返事だったので、今度は「今はここまで曲がっていますね」
と前置きし、また握手の手法をやりました。
「ほら、こんなに曲がっていますよ」と教えると「あ、ほんとに曲がってる」とやっと分かったようでした。

このまま継続します。

山田先生、お忙しいところありがとうございました。
山田先生に電話質問できると思うと精神的に楽です。
患者さんのためにも本当にいい制度だと思いました。


岩手県大船渡市立根町字宮田76-2
おかざわ自然整体院 岡澤 淳
電話0192-27-2836

人気ブログランキングへワンクリックお願い致します


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療 - ジャンル : 心と身体

tag : 痛み

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。