スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

正座のすすめー4

TOP-02s.jpg

正座のすすめー4 「無形より有形に入る。」
精神や こころが弛んでいる時、姿勢は自ずから弛んできます。これに反して、誇りを持ち、自信を持ち、志を持ち、希望を持ち、夢を持ち、その目標に向かって進んでいる時、人は姿勢が正しくなり、気力が横溢(おういつ)します。
この様な時、目には力が漲り、身体は活性化し、自然と活力が湧いてきます。

良く聞く話だと思いますが、老齢で身体が弱っていて、普段は腰を曲げて歩くのに、この老名優が一度舞台に立つと、途端に腰はシャキッと伸び、見違える様な姿になって役を務めると言うことがあると言います。
これなどは「無形より、有形にいる。」見本です。
無形の精神力が有形の身体を内なる気力で甦らせているのです。

人気ブログランキングへワンクリックお願い致します

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。