スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

肘が伸びた、曲がった!

新理論による野球肘の屈伸治療


先生方、こんばんは

松村綾子です。

自己療法セミナーで飽田先生の公開治療を見ていました。

あの光景が忘れられません。

肘の伸展での治療で、伸びなかった肘がどんなに伸びるのだろうかと、参加した先生方はワクワクしていました。

「はい、伸ばしてみて」と、山田先生が言われて、

飽田先生が肘を伸ばすと・・

(あれー、期待していたほど・・・。)

「じゃあ、曲げてみて」

飽田先生の指先はTシャツの肩の生地をワシッと掴んでいました。

何とも無い反対の肘より曲げることが出来ました。

「凄い、曲がった?!」

次に肘の屈曲での治療では、殆ど一直線に伸びていました。

「えー、凄い。」

カメラ目線の飽田先生は最高の笑顔でした。

拍手!!

セミナー終了後の治療の時に

山田先生がまた新理論を考え出していらっしゃいました。

(おー、なるほど、だから創志塾の公開治療の方の肘も・・)

山田先生、素晴らしい新発見を有難うございます。


(有)丸山予防医術研究所 松村綾子
Maru@shizenkeitai.co.jp

人気ブログランキングへワンクリックお願い致します



スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療 - ジャンル : 心と身体

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。