スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

腰椎分離すべり症 腰椎分離症

腰椎分離すべり症


12歳 男子 ミニバスケ部

先月、ミニバスケの練習中、他人とぶつかり、転倒。
転倒時はそれほど痛くなかったため、運動を続行していたら、どんどん痛くなってきた。
5日前には右ひざの内側が痛くなり、次に左ひざの膝蓋骨周囲が痛むようになった。

整形では腰椎分離すべり症。
前屈、後屈、右側屈で痛い。痛くてしゃがめない。
朝起きる時は親に両手を引っ張ってもらって起きる。

腰は仰臥位以外はすべて痛い。
捻転も痛い。基幹の型をできないため、原位をしようとしたがこの姿勢も痛い。
お腹に枕を入れると少し和らぐ。しかし、膝が痛い。

打つ手がなくなり、山田先生に質問しました。

回答
腰を下に下げる形の原位をやってみて下さい。
その前に仰臥位で足首を両手で持ち、少し牽引をかけながら小さく捻転する。
そうすると、だんだん痛みが減ってくる。
捻転が疲れたら、少し休んでまた捻転する。

結果
少しづつ捻転の痛みが減ってきました。


→今度は右ひざが痛い(両膝の痛みのことをここでいいました。最初から言わずにすみませんでした)

回答
痛みの部分をそろっと指の腹で触り、捻転か振動をやる。しこりがあるはず。
右の膝も同じ要領でやる。
膝の痛みを取って、また同じ捻転をやる。

→膝の痛みがとれません。腰の痛みも戻ってしまいました。

回答
とにかく挟定か何かをやる。

結果
すでに1時間経過してしまったので、変化ありませんでしたが、治療を終了としました。


山田先生、お忙しいところ、何度もありがとうございました。


この患者さんは、片道約2時間の道のりを車で来たので、痛みが取れにくくなったのかもしれません。
変化ありませんでしたが、自分としては精いっぱい治療しました。

ーーーーーーーーーーーーーー
状態が重ければ1回で変化のない時もあります。
それは止むを得ないことです。
誠心誠意治療することが治療家の義務ですので
それで良いのです。

山田 洋
=============


岩手県大船渡市立根町字宮田76-2
おかざわ自然整体院 岡澤 淳
電話0192-27-2836

人気ブログランキングへワンクリックお願い致します


スポンサーサイト

tag : 痛み 腰痛 膝の痛み

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。