スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

左顔面のマヒ 頚椎ヘルニア


45歳 男性 会社員

昨年頚椎ヘルニアと診断された。

今年の1月2日に左顔面のマヒが出始めた。

特に口が動きづらく、食事をしていると目を細めるように

顔の筋肉を無理に動かすが、涙が出てくる。

医者からは、唾液と涙腺の神経が混線してしまったと言われている。

マヒが出始めたころから頚椎ヘルニアの症状はなくなった。



頚椎のほか、顔や首、広頸筋の緊張もあるかなと思い、

基幹の型等、ひととおり治療したが、変化がないので質問。



(回答)

頚椎が原因であり、筋肉の緊張は関係ない。


(再質問)

損屈でしょうか、歪みでしょうか?


(回答)

それはどちらともいえない。(私はみていないのだから)


頚椎治療を再度行いましたが変化ありません。

頸椎をけん引した状態で顔の動きに変化があるか

聞いてみたが変化はないという。

頚椎の歪みは僅かであったことから損屈がひどい状態と

判断しました。

仕事が忙しく、次回の治療日程が決められないことから、

頚椎枕を使用してもらうことで終了しました。



山田先生、ありがとうございました。


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

〒959-2222新潟県阿賀野市小浮847

【ひろた自然形体療法院】廣田正博

℡ 0250-68-1400

E-mail info@hirota-shizen.com

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
人気ブログランキングへワンクリックお願い致します


スポンサーサイト

tag : 痛み

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。