スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全身の痛み

82才  女性 全身の痛み

左膝の関節が動かないように、ボルトで止めて(3~4年前)、
今はボルトは抜いているが、左足は完全に1本の棒のように
なっている。
初診時、背中、腰の張りと痛みが強く来院。右足も右膝も痛い。
側臥位で治療し、いくらか楽になる。短時間仰臥位になるが、
身体が痛いようで、すぐ側臥位になった。

1回目の治療の翌日から、かえって痛みが強くなったとの訴えが
あり、予約よりも1日早く来院。

2回目、来院してすぐに、この治療してかえって痛くなったから治療を受けて
いいものか、息子さんにもこれは合わないんじゃないか、と言われたそう。

とにかく、合わない人もいないし悪くは絶対ならない、治療すれば良く
なっていくからと話して、治療することに。

でも、苦痛でずっと顔をしかめていて、背中が痛い、腰が痛い、脇腹が
痛い、足も痛い、とどのように治療を進めていったらいいか迷ったので、
質問しました。

解答
原位の姿勢で、下肢後方牽引をやる。いくらか楽になるところが出てくるから、
その後の治療は、その後考えること。

結果
身体が痛そうで、腹臥位は無理そうでしたが、原位にはかろうじてなって、
後方牽引をしました。そうしたら、腰がいくらか楽になったので、原位の
まま、瞬時触定から、基幹の型通りにできました。



腰、背中を指頭静圧やしぶ法でゆるめていきましたが、脇腹の痛みの
取り方が分からず、再度質問。また、この治療してかえって痛くなった、
との話があったことについてのアドバイスなど、をいただきました。


解答
脇腹の痛みの取り方
・********して、前後に軽く振る

かえって痛くなったと本人が訴えることについて。
1回目の治療で、楽になったから別の痛みが強く感じられる。
1回目の治療で効果があったということ。10痛かろうが、1痛かろうが
患者は痛みを訴える。
それから、最初の質問のときから、結構時間が経過している。
深追いをしてはいけない。全ての痛みをとる必要はない。いくらか
残しておいて、翌朝すっかり治るくらいの方が良い。

すなわち、そろそろ止めなさい、ということでした。


結果
脇腹の痛みは、やや改善しました。
体中の痛みはまだまだありましたが、ひとまず止め、患者さんに
痛みのことについて説明し、納得して帰ってもらいました。 


今日、3回目の治療でした。
昨日よりは、かなりいいみたいでした。
旦那様も一緒に治療を受けにきているので、30分の治療後、
ひとまず1時間ほど旦那さんの方を治療し、再度30分ぐらい
治療しました。

今日は、仰臥位にもなることができ、ここでは楽になるけど、
家に帰れば痛い、という話でした。

腰の張りはかなり強く、こりこりしている範囲が広くて、改善は
しましたが、まだまだです。


山田先生、お忙しいところ、何回もありがとうございました。


♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
  
  
  秋田県湯沢市関口字関口15-2 
  コスモス自然形体院  小松 尚子

  TEL 090-5596-4792
  ホームページ  http://www.cosmos-shizen.jp/
  ブログ       http://blog.goo.ne.jp/koma1958/
   メールアドレス   sk-357@kdt.biglobe.ne.jp


♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
                                      
                                      
   

人気ブログランキングへワンクリックお願い致します


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療 - ジャンル : 心と身体

tag : 痛み 膝の痛み 腰痛

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。