スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

半月板損傷

症例報告:半月板損傷

> 60才・・男性・・自営業
>
> 朝起きるときに、左膝の裏に違和感を感じ触ると膝の裏若干内側が腫れていた。その日のうちに病院へ行き検査(MRI)をする。診断は半月板損傷といわれ
> 即、水を抜かれる。患者さんは、膝の裏が腫れているのに、歩いても走っても階段の上り下りもまったく痛みがない。どんなことをしても痛みがない。熱もな
> い。2日後同じところに、また水が溜まったため当院にこられる。
>
> 膝にまったく異常がないのに水がたまるという症状がよくわからず山田先生に質問しました。
>
> 回答
> 腰椎2番の棘突起が右に傾いています。
>
> 痛風の治療と同じやり方でいいですか?
>
> 回答
> そうですね
>
> 2~3日様子を見ていこうと思います。
>
> 山田先生ありがとうございました。
> ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
> ふくおか自然形体院
> 飽田謙二
> 福岡市早良区田隈3-51-7-101
> TEL 092(864)6887
> HomePage http://shizenkeitai.seesaa.net
> mail akita@shizenkeitai.co.jp
> ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

半月板損傷で水を抜くとは???

>

人気ブログランキングへワンクリックお願い致します


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療 - ジャンル : 心と身体

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。