スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無意識に首が下に傾く

症例報告 無意識に首が左下に傾く


43歳 女性 事故の経験はない 3年半前に水害で床上浸水

一年前の平成18年12月から、急に首が左に傾いた。

正面を向こうとするが、無意識に左下にぎゅーっと力が入る。

首から後頭部の痛みがあり、全身の筋肉、特に首の筋肉が緊張している。

会話や寝返りで緊張と痛みが増加するので、山田先生に質問した。

<回答>

頚椎の左前の緊張。

大胸筋から広頚筋の緊張を取ること。

****が良い。

<結果>

大胸筋の****をしたところ、頚部の緊張が緩み、

「あ、楽。」と、言われる。

緊張は緩み、痛みが取れてきた。

首の傾きが時計盤の2時から1時半に変化があった。

傾きは完全に取れないので、質問。

<回答>

痛みが取れれば、傾きは徐々に取れる。

<結果>

患者さんに伝えて、納得して、帰宅された。



山田先生、御指導ありがとうございました。


(有)丸山予防医術研究所 松村綾子

人気ブログランキングへワンクリックお願い致します


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療 - ジャンル : 心と身体

tag : 痛み 傾き 無意識

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。