スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

半月板損傷

50才 主婦 昨年9月頃から右膝が痛くなり、その他に肩こりも 


昨年12月にMRIで半月板損傷と診断され、手術が必要と言われた。

現在は正坐をすると内側と後ろ側が痛む。

施術後に痛みを聞くとまだ痛いとその部分を押さえていう。

???? おかしい、治っているはずなのに… ????

通常の治療法をやってもその痛みは容易には取れなかった。


症状から見ると軽い部類であったので

半月板損傷なんて、 簡単に治るとふんでいたから、余計に???? である。


いくら手段を尽くしても治らない ;;;;;;;;


これではと、気を取り直して冷静に分析する。


試行錯誤の結果、半月板損傷としては、全く新しい痛みの種類だと気がついた。


それならばこうすれば良いとやってみると

今までの痛みはすっきりと消えていた。


痛みの原因はその人なりのトレーニングの結果起きたものであった。

そこで何か運動をしましたか?と聞くと

やはり自分なりの判断でその部分を痛めるような運動をしていた。

知らない人はこうした無理をするので、治療するほうも思考を巡らさないと

問題解決の糸口はつかめない。


事後の注意と対処法を伝授して、終了。


時々こうした難問が立ちはだかるから、治療家は止められない!

難問を解いた達成感が残る。まさに快感!!!

患者さんも喜び、治療家も快感が残る、こんな仕事は最高だと思う瞬間である。

人気ブログランキングへワンクリックお願い致します







スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療 - ジャンル : 心と身体

tag : 膝の痛み 半月板損傷

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。