スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

有痛性外けい骨 有痛性外脛骨

有痛性外けい骨 有痛性外脛骨の痛み

11才 男子小学生 左足の内側にボールなどが当たると痛む


表題の「有痛性外けい骨 有痛性外脛骨」 という名前は最初知らなかった。
この部分の痛みで来られた方は結構多いのだが、
西洋医学の病名など知らずに治していた。


昨年、平成19年に九州の田中先生からの質問で
「有痛性外脛骨」はどうやって治すんですかと聞かれて

「??なんじゃそれは??」と思って聞いてみると
この部分の痛みの場合の病名?であった。

質問に答えておいて、後でネットで調べてみたらこの名があり、
説明が書いてあったが、説明は原因不明であった。


というか最後には手術で取り除くしかないとの結論である。

これまたとんでもない話!!

原因(誘因、起因)をトコトンまで究明せず、すぐに手術に行ってしまう。

自然形体療法では原因(誘因、起因)を解明済みなので
数分で痛みはなくなり、靴を履いても跳んだりしても痛みはでなくなる。

本人の表情を見ているとかなりの激痛らしい。
私は自分自身で経験したことがないので判らないが、
治った時の嬉しそうな顔を見ると、

あぁ、余程痛かったんだろうなと内心思う。

こうした喜びの表情を見ることが何よりもうれしい。
治療家の本懐である。
治療家になって良かったと思う瞬間である。

有痛性外脛骨(有痛性外けい骨)は

自然形体療法では10年以上前から確立されている治療法です。

お近くの自然形体療法の治療院へどうぞ!


人気ブログランキングへワンクリックお願い致します




スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療 - ジャンル : 心と身体

tag : 痛み 有痛性外脛骨 有痛性外けい骨

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。