スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オスグット病 膝の痛み

オスグット、シュラッター病11才 小学生男児 両膝下の痛み 運動の後に痛む


オスグット、シュラッター病と言う名はついているが、
現代医学では治せない病気?の一つ。

オスグット、シュラッター病は病気ではないので治療の方法も
現代医学では全く治せないものの一つであり、病院へ行くと
20歳くらいになればなおるでしょうと言われる。

この子の場合は関節の微妙なずれが原因となっています。

これを治せばその場で痛みは消失します。

数分で痛みはなくなり、正座も出来るようになった。

お父さんが付き添いで心配そうに見ていて

何度も「痛くないか?」と聞いている。

この子の「うん、痛くない。」と言う返事にも
まだ、心配そうな顔でした。

しかし、現代医学は何を考えて名前を付けているのか?
いつもながら、これを考えると腹が立つばかり…。

原因さえ解明すれば、こんなに簡単に治るのに…。

人気ブログランキングへワンクリックお願い致します


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療 - ジャンル : 心と身体

tag : 痛み 膝の痛み オスグット、シュラッター病

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。