スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

右鎖骨骨折の痛み 第2回目 右膝の痛み 左足首の痛み

右鎖骨骨折の痛み 
男性 48才 会社員

2回目の治療報告


膝の治療もあったので2回目の治療を5日後に行いました。

その後の経過について下記の様に経過表に記入がありました。

右鎖骨=骨折部分まだかなり痛みあり、肩の筋、背中の右肩に近い所、強い痛みあり。
      動きは徐々に大きく動かせる様になってきた。
右膝 =長い距離を歩いた後、膝裏に張りと痛みあり。内側部分も痛みあり。

左足首=骨が当たる違和感は取れました。(右膝が痛くなる程歩いても)

最初にどうですか?と鎖骨骨折の痛みの経過を聞いてみました。
良くなったとの返事を期待しての事です。

すると、案に反して、顔をしかめて「痛いです。」との返事。

「えっ、そうですか?」?????

骨折で又痛んだ人は過去にいなかったので、

そんなはずは無いと思いながらすぐに
鎖骨骨折の部分を触診してみると。

骨折部分は綺麗になっていて、最初の鎖骨骨折の出っ張りは全くない。
触診しても全く判らないし、
叩いて見ても痛みは無いと返事が返ってきました。?????

「どこが痛いんですか?」と聞くと、

肩の「うこう突起」の周囲の筋肉が痛い、背中と肩甲骨の周辺が痛い、首筋が痛いと
痛みの場所を特定して確認すると、

鎖骨骨折の痛みではなく、鎖骨バンドをしていたので上腕と肩を動かせなくて
その部分の筋肉が緊張し硬縮して極度の凝りの状態になっているのが、
痛んでいた原因でした。


余程痛かったのか、痛みを我慢する為に、つい、力を入れてしまい、
それが何日も続いたので極度の凝りになってしまったのでした。


治療後肩こりも、首凝りも肩甲骨周辺の凝りもすっかり無くなり、
不思議そうな顔をして帰られました。


最初は「えーっ」と思いましたが、やはり骨折の痛みではなく、筋肉の問題でした。
今までに骨折の後遺症としての痛みは再発した人はいません。

その場で無痛になります。

この方は初回に痛みが無くなった時、
「先生、宣伝してもいいですか?」と聞いていました。

わたし「勿論良いですよ。痛みで苦しんでいる人は大勢いますから。」


嘘の様な、奇跡のような治療法ですが、これはからだの回復力がなせる技です。
多くの方が従来の間違った治療の為に苦痛を耐え忍んでいます。

この夢の様な治療法を早く広めたいと願います。

人気ブログランキングへワンクリックお願い致します

スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療 - ジャンル : 心と身体

tag : 痛み 骨折の痛み 膝の痛み

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。