スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

打撲の後遺症、肩、膝、肘、足首

打撲の後遺症、肩、膝、肘、足首
日本在住の米国人男性 30代?(今は忘れてるので…)。
見上げるような長身である。多分190~200cm?

10年前に壁に激突して右の膝、肘、肩を強打しあらゆる病院、カイロドクターのところで治療を受け、日本でも整体や鍼灸の治療を受けたが殆ど症状は変わらなかったり、逆に悪化したりの状態だった。
又、漢方薬も試して見た。結果は前記と同じ。

6年前から反対側の膝、肘、肩も痛み出した。右同様に治らなかった。

以上は前回5月16日に紹介した。
それ以来1ヶ月ぶりの2回目の治療である。
今回は3日前に右肘を痛めた。重いものを持って痛めたそうである。
右肘だけでなく肩も痛めていた。
肘は触っただけでも激痛である。この男性、痛みに非常に敏感で弱く、初回は汗びっしょりで、自分でも痛みに弱いと言っていた。
今日は前回より、安心して治療を受けられますと。

奥さんの話によると3日前に又痛めてから、治療日は何時か、何時かと2時間おきに何回も聞いていたと言う。(笑)
治療が終わって痛みも全部消え、帰る間際に神妙な顔をして、

「こんな人間ですが、よろしくお願いいたします。」(爆笑)

なんだか、日本人に見えてきた。

こうした自然形体療法の事例を多くの苦痛を抱える人々に知ってほしいと思います。
その為に人気ブログランキングをクリックして頂けるとありがたく思います。

人気ブログランキングへワンクリックお願い致します


スポンサーサイト

テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。