スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふくらはぎ、足の甲の痺れ

56歳 女性 理容業の方で2年前から左ふくらはぎから足の甲全体に常時痺れがあり、2週間前から立位で左臀部に痛みがある。立位で10分くらいすると立っていられなくなる位の激痛になる。

当初は仰臥位で足を伸展した状態で痛みがある為、膝立で施術を行なっていた。
40日程10回目で臀部の痛みは出なくなったが、ふくらはぎと甲の痺れが残る。大腿前方牽引捻転で軽くなるが無くならない。腹屈をしても変化がなくなってきた。当初は椎間板を疑っていたが、なかなかよくならない。ふくらはぎの指撫法をするとビリビリする。足の甲の剪断法をすると痛みがある。中足骨を叩くと響き、周辺の中足骨を叩いても響く。中足骨の骨折?と思い以前先生から骨折の際、土踏まずに晒しを丸めて入れて足の甲に晒しを巻くことを教えてもらったのでそのようにすると楽との事。しかしその状態だと段々痛みが出てきたので途中で外したとの事。以前、足関節が下腿に入りすぎていると足の甲に痺れが出ると教えていただいたことを思い出し、下腿の牽引や牽引振動法をすると楽との事。試しに足首にさらしを巻くと楽との事なのでその日は終了しました。
その後、足首に晒しを巻いても変らないとの事。足関節の動作法で外踝の下を固定し足底を外側に向ける動作法をすると楽になるとのこと。しばらくその状態を固定するが離すと戻る。どの様にしたらよいか分らず先生に質問した。

回答
立位で足首を内側に曲げ外踝の下を内側に静圧する。

結果
痺れが残る為、再度質問しました。

反対側は固定してますか?

→対角線で内踝の少し上を固定しています。

静圧せず自分で曲げただけの方が痺れを感じなくなるとの事。(触れると感覚が無いような痺れは残る)

その状態を20秒くらいやる。
→もどすとすぐに痺れが出ます。

それを繰り返すしかない。
それか、包帯か晒しを巻く。

以前に捻挫のひどい患者さんのときに教えてもらった、晒しを足首と足の甲を交差するように巻き時々自分で曲げてもらうように話、その日は終了しました。学会の為2週後に来院の予定で結果はまだわかりません。

山田先生、何度もありがとうございました。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
新潟県三条市直江町2丁目2番24号
な ご み 自 然 形 体 院
TEL(0256)33-7530 鈴木 孝一
HomePage http://www.nagomi-s.jp
mail suzuki51@shizenkeitai.co.jp
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

こうした自然形体療法の事例を多くの苦痛を抱える人々に知ってほしいと思います。
その為に人気ブログランキングをクリックして頂けるとありがたく思います。

人気ブログランキングへワンクリックお願い致します

スポンサーサイト

テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。