スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

右テニス肘と左手首の痛み

36才 男性 5年前からのテニス肘(右肘)と左手首の痛み。
初診 毎月1回の痛み止め注射で誤魔化して来たが、昨年12月以来、全く効果が無くなった。手首は右肘を庇っていた為に悪化した。

治療は簡単に終わった。もう痛みは無い。
「こんなに簡単に治るとは思わなかったでしょう。?」
「はい、思いませんでした。」

テニス肘も野球肘も同じ現象である。大抵は2種類の痛みが複合して激痛となる。触っても痛い。

この方は、喜んで帰る途中に電車の中で痛くなり、電話してきた。
こうした場合は、大抵は痛みを探し回って元の状態に戻ったのである。
電話口でその事を聞くとそうだと言った。



せっかく治したのに…。である。
大抵はこういうことをする。
せっかく一度は治った痛みを探すと言うことは、悪い状態に戻そうとする事になることを知らないのである。

そのまま普通に使えば通常は2~7日で完全になる。
今日、又来られるので、十分に注意しなければならない。
人気ブログランキングへワンクリックお願い致します

スポンサーサイト

テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

tag : 痛み テニス肘 野球肘 肘の痛み

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。