スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

口内炎、猫背、腹痛、呼吸困難、腰痛、肩凝り、生理痛

17才、女子高生 症状が数多くあり、どれを主題とするか迷ったが、入院した原因が腹痛で、しかも痛みは全く改善されず退院した。その後自然形体の治療を始めた。と言うので、これを主題とすることにした。

その他に、口内炎はトランペットの合宿で40個も出来た。今は4個に減っている。猫背、腰痛、肩凝り(痛み)、頭痛、生理痛、冷え性、便秘、貧血
呼吸困難(3秒位)これは小学校低学年から続いている。
背中の痛み、大腿後部の痒み。

先ず腹痛の原因は頚椎と腰椎、骨盤の歪みが原因であり、これは病院では治せない。又、腰痛、肩凝り猫背は胸椎の歪みからも発生する。
口内炎は頚椎の歪みが原因である。

但し、原因は単純ではなく、肩の痛みと大腿後部の痒みは筋肉疲労が原因である。これらが複合して種々の症状となって現れている。
又、呼吸困難は胸背部の筋肉の緊張が原因で肋骨が拡張不全の状態を起こしていて十分に呼吸、特に吸う事ができない為である。
この状態になると心臓も影響を受け、原因不明の不整脈が起きたり、理由の無い不安感に襲われる事がある。
それもそのはず、心肺機能は死を決定付けるものであるからだ。

治療途中で手の甲の痛みを訴えた。両手にある。これは疲労による筋肉痛である。
口内炎を除き、以上の全ての症状が解消して、治療を終えた。口内炎も程なくなくなると思われる。

人気ブログランキングへワンクリックお願い致します


スポンサーサイト

テーマ : 美と健康! - ジャンル : 心と身体

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。