スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

膝屈伸時の尾骨の痛み

小学校2年生 女子
経過と症状:前日、公園の滑り台で勢い余ってお尻を強く打った。(石にぶつけたかもしれない)
      膝を曲げると、尾骨付近に痛みが出る。

5月6日、長女のミニバスケットの試合の応援に行ったところ、コーチから
「試合前に自分の娘を治療して欲しい」と頼まれ、体育館の隅で診断と治療を
行いました。
尾骨の痛みは、立位で膝を曲げても、伏臥位で足首を20度程持ち上げても
痛みが出ました。もちろん仰臥位で膝立をしても痛みました。片足ずつ膝を曲げても
左右ともに痛みが出ました。立位で上半身を左右に倒すと、右側に傾けた時だけ
痛みが出ました。
立位で上半身を後ろに反らせた時も痛みがありました。前方にお辞儀したときは、
最初は痛くないと言っていましたが、動作転位の治療時に痛いと言いました。
尾骨周辺は圧痛が無く、後方に曲がって(反って)いるわけでも、左右に曲がっても
いませんでした。
治療はとりあえず、伏臥位で脊柱瞬時触定法と下肢後方牽引及び体幹牽引法、そして
動作転位を疑い、いろいろ試してみました。
これで痛みが変わらなかったのと、試合時間が迫っていた(バスケットの人数がぎりぎりで
この子が出場しないと棄権になる)ので、山田先生に電話しました。
しかし、休日で連絡が取れなかったため、無理をしないよう、立っている程度にという
ことで6分間だけ試合に出ました。(もともと激痛ではなかったようでした)

数時間後、先生から電話がありましたが、私も用事で試合会場から離れていたので、
本人はいませんでした。

(回答)
それならば、下肢後方牽引で痛みがとれるはず。牽引したうえで静止してください。
(下肢後方牽引は既に行った事を伝えました)
あとは、骨盤の歪みも考えられる。右側が悪いかもしれない。
立位で膝を曲げて痛いという事ですが、しゃがんでみたら痛みはどうですか?
(本人がいないため、確認できません)

ということで、次に治療するときには、下肢後方牽引の静止を長めにしてみますと
先生に伝えて電話を切りました。

試合会場に戻って再度本人に会い、まずしゃがんでもらいましたが、しゃがんでしまえば
痛みは無くなりました。
その日はもう1試合ありましたが、膝にテーピングをしていたので治療効果に疑問があった
のと、痛みがさほどでもないということで、日をあらためて治療することにしました。

5月8日、自宅へ治療に来ました。もし下肢後方牽引で痛みが取れなかったら再度
先生の判断を仰ごうと思いましたが、既に痛みは無くなっていました。
(余談:痛みの有無を確認しないで連れてくる親もどうかと思いますが。。。)

6日の最初の治療で痛みは取れなかったものの、そのとき行った下肢後方牽引が遅れて効いた
のか、もともと軽症で自然に治ったのかは私には分かりません。

次回、私が出席する学会で、先生に特にお聞きしたいのは、
しゃがんだ時に痛みが無くなった場合(↑)と、痛みが残る場合の原因の違いと治療法です。
よろしくお願いします。

山田先生、休日にもかかわらずご指導いただき、ありがとうございました。

新潟県阿賀野市 広田正博

人気ブログランキングへワンクリックお願い致します


スポンサーサイト

テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。