スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

腰痛、ぎっくり腰

50歳 男性 会社役員の方で、10年くらい前から腰痛があり時々ぎっくり腰になっていた。
昨年9月にぎっくり腰になってから左の下肢に痺れが出るようになった。出張で30分くらい歩くと痺れがひどくなり歩けなくなる。椅子に腰掛けている時は症状はあまりない。10分程度歩いたり立ち仕事をすると痺れてきてしゃがんだり、立位で前屈すると軽くなりまた動けるようになる。
整形で脊柱管狭窄症とヘルニアがあると言われ、痛み止めを飲んでいたが良くならずに来院される。

初めの頃はベッドに腰掛けている状態で痛みがあったが施術後はなくなる。立ち上がると数秒で左臀部に痛みが出て来て、段々下肢の痺れが出てくる。腰掛けた状態で前屈をすると痛みはなくなるので椎間板の潰れがひどいと思った。しかし、何か違うような気がして立位で骨盤のゆがみを見てもあまり歪みはない。腰椎が左に傾いている。交差静圧で修正するようにすると痛みがひどくなる。左のPSISが少し下がっているので鼠踁部とPSISを交差するように静圧すると痛みが強くなる。右に体重をかけると痛いとのこと。右のASISを固定しての動作法をしてもあまりかわらない。座骨を固定すると少し楽。右の座骨を上方に静圧をすると楽になる。仙骨や尾骨のゆがみを見ても目立った歪みはない。診断に迷いがあり先生に質問しました。

回答
大腰筋をいためているんじゃないかな。そこは直接触れないんだよな~。
→膝を立てて逆側に倒し肩を挙上して捻転(肩部挙上膝立体側捩じり牽引捻転法)をたくさんやったのですが...。

それでどうでした?
→あまり変りませんでした。

右の座骨を上方に静圧して痛みが軽くなるのであれば、伏臥位でやってみたら。

結果
伏臥位で左のPSISが下方になっているので???だったが、座骨を上方に静圧してしばらく固定してみた。立位での痛みはあまり変らなかった。

その後、来院時に施術後は痛みはいくらか楽になるとのことだが、立位での痛みは完全に取れない。
晒しを巻いてみたがあまり変化がない。座位で前屈すると痛みはなくなる。立位で深く前屈しても痛みはなくなる。しかし椎間板の前屈する自己療法をやってもすぐに痛みがでる。蛙でしばらくすると痛みは引いていく。椎間板のつぶれなのか、骨盤のゆがみ(靭帯の緩み)なのか診断に迷いが取りきれないため、再度質問しました。

回答
座位や立位で前屈したとき骨盤はどうですか?
→そろってます。

なら椎間板だと思います。椎間板の治療を続けてみて。

結果
その後3日ほど続けてこられましたが施術直後は痛みは軽くなるが、立位での痛みが出るまでの時間はあまり変らない。山田先生の所に伺って診断をしてもらうように患者さんとはなし先生の所に行きました。先生の診断の結果、立位になった瞬間に左のPSISが後下方転位する。蛙から左足の膝を床に着いて右膝を少し後方にやり、身体を右に向ける自己療法(新しい)をすると少し楽になる。その後2回来院されたが、施術後に同じ自己療法をすると痛みは少なくなるがなくならない。靭帯の緩みが大きいことを説明して終了しました。現在、海外出張中でその後不明です。学会3日目の夜来院の予定です。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
新潟県三条市直江町2丁目2番24号
な ご み 自 然 形 体 院
TEL(0256)33-7530 鈴木 孝一
HomePage http://www.nagomi-s.jp
mail suzuki51@shizenkeitai.co.jp
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

人気ブログランキングへワンクリックお願い致します

スポンサーサイト

テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。