スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

左大腿から足先まで痺れ 下腿の無感覚

85歳 男性 不動産業の方で、左大腿から足先まで痺れがあり、ふくらはぎから先は感覚もない。

夜寝ようと仰向けになったとたん左大腿から先が痺れ、自分で揉んだら大腿の痺れは良くなったが、そこから先の痺れが取れず、夜電話で出張治療の依頼がありました。夜遅く一旦断ったのですが、どうしてもと言うことで近所の顔見知りと言うこともあり伺いました。

ふくらはぎから足先にかけての痺れ、またふくらはぎの内側は感覚がなく、触れるとビリビリ痛い。椎間板の損屈、腰椎のねじれ、症部付近の損屈を疑いましたが、痺れに変化がなく先生に質問しました。

回答
腰椎の3,4の椎間板の損屈です。通常の牽引では効果が薄いので腹屈で足先を臀部に入れて足先を起こすようにして牽引をする。

結果
行いましたが変化がありませんでした。

原位をしようと原位で再度検査をすると伏臥位ではわからなかったのですが、尾骨の先が左に曲がっていました。原位足首回しと尾骨を直すと痛みは軽くなりました。

再度、翌朝に伺い同様にすると痛みはだいぶよいとの事。歩くと左足をついたときに痛みがあり、ASISを上方にする動作法をやりましたが、あまり変らず座骨を押えるようにしたら痛みが軽くなり普通に歩けるようになりました。その後、痛みがでたら連絡をするとのことでしたが連絡がないので良くなったことと思います。

山田先生、夜遅く伺いすみませんでした。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
新潟県三条市直江町2丁目2番24号
な ご み 自 然 形 体 院
TEL(0256)33-7530 鈴木 孝一
HomePage http://www.nagomi-s.jp
mail suzuki51@shizenkeitai.co.jp
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

人気ブログランキングへワンクリックお願い致します

スポンサーサイト

テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。