スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MRIの限界と半月版損傷ー治療後

半月版損傷で不安な毎日を送っていました。山田先生の治療のおかげでおっしゃる通り一回で治していただき、心まで治していただいた気分です。
先生と出会えた事に感謝しています。
治療室に入る前まで緊張して寒さと合間って震えが止まりませんでした。不安で溜め息も出ました。が、ドアを開けた瞬間 私が想像していた感じと全然違い驚きました。なんて家庭的な温かい所なんだろう。待っている間に先生の姿を拝見しなんて穏やかな方なんだろう。それまでの不安は既になくなり私は治療をしにきたんだ、先生に診ていただけたらきっと大丈夫

に違いないなんて考える事ができました。驚きはそれで終わりません。名前を呼ばれ治療に入り全身の力が抜けていくのがわかりました。会話をしながら確かめていただきながら治療…なんて安心できるんだろうと。
先生が「はい!半月版損傷は治りました」とおっしゃった時はさすがに えっ? え~!?私は簡単に騙されないゾ今まで散々先生と名の付く人には騙され続けてきたんだから…なんて…そんな事を觜ったにもかかわらず先生は「どうぞ疑っても構いません」と、大変失礼な事を言いましたね。反省しています。立って歩き段差を降りた時に

いつもある あの痛みが消えていたのです。スキップしたい気持ちになりましたが、辞めておきました。
その後 無事帰ることができました。が たった駅の中を歩いたり新幹線の中を歩いたりしただけなのに次の日には両太股が筋肉痛になりました。私にとっては嬉しい筋肉痛でした。もうびっこをひいて歩かなくてもいい。普通に歩ける。普通とは…昔からよく考えました。基準がないからです。でも私の日常生活に支障がなければ私には充分普通なのです。完治という言葉に涙が出て驚きと嬉しい感情でまた違う震えがきました。まるで嘘のような本当の話しですが体験してしまったので本物と認める以外ありません。
先生は人間なのに ものすごい方ですね。たくさんの方々が救われ、また 今も先生を待ってる方々がいる事納得します。
まずは お礼の一言と思いましたが、長くなってしまいました。
m(_ _)m先生、ホントにありがとうございます。先生もどうか、お体に気を付けてお過ごし下さい。

鈴木

今までの経過については下記の通りです。

人気ブログランキングへワンクリックお願い致します

膝が痛いと言っただけで接骨院で固定されてしまいました。痛みのきっかけは正座を長時間やったためです。
20060210004652.jpg


このテープをはがさないで!と言われ一週間貼りっぱなしでした。
20060210004707.jpg

足に痺れがきておかしいと感じました。その後整形外科へ受診。半月版損傷と診断されました。

「半月版損傷でした。」と電話で告げたところ
「半月版損傷の患者さんはうちでもたくさん診ています。とにかく固定が基本ですから。」と返事がありました。
私は痺れを感じおかしいのでは?と投げ掛けた所「ご縁がなかったという事で」とすぐ電話を切られてしまいました。
20060210004720.jpg

『私の言う通りの事をやれば必ず治ります。その変わりあなたが努力しなければ治りません。あなたの場合毎日つめて通わないと治りませんよ。』その言葉を信じてしまった私がバカでした。後の祭りです。(涙)

その後ですが 気にしていた膝の出っ張りは次の日完全になくなっていました。
まだ正座ができない事と長年の肩凝り腰痛がはっきりしないので
あんしん堂へ通っています。おかげさまで確実に良くなっていると実感します。
質問ですが 正座はまだ恐々でほとんど出来ているのですが曲げた時に膝こぞうが痛みます。これはなぜでしょうか?もしよろしかったら教えて下さい。

鈴木
--------------------------
ご報告有難うございました。良かったですね!!!

写真つきで詳しく書いて頂いて、皆さんにもわかりやすいと思います。
後でブログに載せます。

膝小僧の痛みは筋肉が硬直して縮んでいるためです。
伸ばすためには膝裏にタオルを丸めて入れて膝を曲げると
痛みがないと思いますが、試して見てください。

但し、痛ければしないことです。

㈲山田予防医術研究所 山田 洋
スポンサーサイト

テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。