スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

五十肩

DSC02288-hana.jpg

62歳 女性 主婦 五十肩

半年前から右肩が痛い。
座位では挙上、外転が90度くらいで痛む
仰臥位になると痛みが酷くなり、
45度くらい挙上・外転した位置から手を下ろせない。

この日は前日に無理をして特に痛みが酷く、
仰臥位で手を下ろせない症状に対して
色々やっても全く効果が無かったため先生に質問しました。

(回答)
起きて痛くないなら同じ状態を作ってみればよい。
少し前の位置で牽引して回内する。
痛ければもう少し強く回内する、
起きてると腕の重みで肩が牽引されるので下方に牽引する。
もしくは頚椎の後方転位。

内転、回内、牽引をすると痛みが出るのですが
かなり強くやると痛みが無くなりました。
腕を閉じれるようになったが、まだベッドから10cmより手を下ろせないので再度質問しました。

(回答)
立位では手はどこまでいきますか?
挙上・外転共に90度、後方へも少しいきます。

腋下の上腕の裏側、三角筋の裏側、棘上筋、棘下筋、肩甲挙筋の緊張を取るように。

結果、変化が無いので再度質問しました。

(回答)
立位と仰臥位の差は肩甲骨を床で圧迫しているかしていないかの差
床に手を入れて肩甲骨を浮かしてみて動かしてみてどうか?

→痛みが楽になります。

それなら肩甲骨の下角が圧迫されて肩甲骨の上の方がが後方転位している
起きた状態で、肩甲骨の肩のあたりを持って前方に引っ張って起こしてみる

→まだ痛いです

それは角度か何かが悪い、色々やってみて。
色々試してみましたが、少し良くなったくらいでした。
時間がかなり経っていたのでその日はそこで終了しました、その後まだ来られてません。

肩甲骨の手法がきちんと分かってないので学会でお聞きしたいと思います。
お忙しい中、何度もありがとうございました。

鳳自然形体院
 竹田 義浩

人気ブログランキングへワンクリックお願い致します

スポンサーサイト

テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。