スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MRIの限界と半月版損傷

DSC02255-hana.jpg

ある半月版損傷の患者さんからのメール

膝の痛みで接骨院にかかりました。年末に1週間くらい左膝を固定されて 痺れが感じた時これはおかしいと思い病院へ行ったらMRIで検査。半月版損傷と診断を受けました。年明けに手術と言われてました。私の目からも痛い所が白くモヤモヤして左右の写りが違っていたのでこれは本当にそうなんだと思っています。
知人の勧めでもぐさの温灸で温めたらあのたまらない痛みはなくなりました。が、固定が原因でしょうか 膝がまっすぐ伸びません。出っ張っています。冷えからくる局所の痛みがあります。明日どうぞ宜しくお願い致します。
----------------------------------
この内容で判るとおり、半月版損傷と診断する根拠は肉眼で見てそれと、明確に認識できるのではなく、
「痛い所が白くモヤモヤして左右の写りが違っていたのでこれは本当にそうなんだと思っています。」
 即ち、MRIでも明らかに診断できるものではないと言うことである。
そうすると本当に確認する為に内視鏡で膝に3方から穴を開けて除くことになる。
勿論、レントゲンでも正確な判断はできないのである。
 私はこの半月版損傷の原因を推論によって突き止めた。原因が判れば治療法は容易に確立できる。
その推論の結果を実際の治療において、実行して素晴らしい成果を得たのである。
 たった1回で半月版損傷の痛みが消え、来る時は「よつばい」で来たほどの痛みが消え、普通に歩いて帰ったのである。
この事実は推論と治療法が正しかったことを証明している。

人気ブログランキングへワンクリックお願い致します

スポンサーサイト

テーマ : 痛み - ジャンル : 心と身体

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。