スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

火傷の水ぶくれ

症例 やけどの水ぶくれ

股間節の治療で来られている患者さんが、クリーニング店で働いているため、アイロンの蒸気が手首に当たって水ぶくれ(1×2cm)になってしまい、これも直りますか?
と聞かれ、すぐに何をしていいのか思い出せず、質問させて頂きました。

回答 指撫法をしなさい。水ぶくれの所は触らない事。

と教えて頂きました。やけどの治療は教えて頂いたはずなのに、患者を前にすると忘れてしまいます。勉強不足ですみません。ありがとうごさいました。

あと、この患者さんは、前の日に股間節が痛く予約をいれて来られたのですが、以前に、山田先生の本の【こうやればすへての痛みは簡単にとれる】を購入されていて、本に乗っている、自己療法をやったら、今日はあまり痛みがありませんとのことで、治療も楽にできました。恐るべし自己療法。やっぱり、自己療法はすごいです。

植田 悦子
ueda@shizenkeitai.co.jp 

人気ブログランキングへワンクリックお願い致します

スポンサーサイト

テーマ : 体を守ろう - ジャンル : 心と身体

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。