スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

変形性股関節症が一部回復

20050222171330.jpg

以前に書いた下記の症状は変形性股関節症の間違いでしたので、修正しました。
ただ、私はこれが骨頭壊死に繋がると思っています。

昨日(3月4日)患者さんから聞いた話
昨年11月の中頃から治療している女性の患者さんからの報告である。
数日前にレントゲンで診断した際に、壊死している部分が白く変化し固くなっている事が判明した。

大腿骨骨頭が回復したのである。
しかも今は歩いても痛みは時々しか、感じなくなっている。
この治療の成果である。
何故なら、整形外科では全く何もしていないのだから…。

ただ、3ヶ月に1回、検査をして、これ以上、状態が
進行すれば、手術をしなければならないと宣告されていたのである。

しかも、その検査も今回の状態では6ヶ月に1回となった。
他に何の治療もしていない状態で、この治療だけを受けていた。

医師に、その事をつげると、何それは、判らないといったそうな。
検査だけしかしていない、鎮痛剤だけが対処法なのに、医師は
興味を示さなかった。(・_・)...ん?

しかし、治療の成果を証明してくれたので、良しとするかな。

人気ブログランキングへワンクリックお願い致します

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。