スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アレルギー性紫斑病

1064hana.jpg

31才女性、慢性紫斑病、25才で紫斑が潰瘍になり、以来病院に行き、薬をつけているが全く良くならない。
両膝の下半分から潰瘍がくまなくできている。

今日までに9回の治療を行ったが、夏の暑さで足底に潰瘍ができて痛くて歩けないので暫く、来る事ができなかった。

潰瘍は夏になっても、酷くならないでいると言う。
お母さんも本人も驚いたのは、この夏は例年紫斑が強く出て、膝から下の上の部分が普通の状態に近いままだと言う事。

色の変色も少なく、(本人の話)これにはビックリしてますとの事であった。

異状は途中経過。潰瘍になっている部分も治る筈である。暫く来れなかったが、体調は非常に良いとのことであった。
足底の痛みは治療するとかなり軽減する。

人気ブログランキングへワンクリックお願い致します

スポンサーサイト

テーマ : 病気・症状 - ジャンル : 心と身体

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。