スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

坐骨神経痛

699hanas.jpg


49歳  男性  自営(織物)
 
病院では坐骨神経痛と診断たれたそうです。
立ったり、腰かけたときに足底にしびれを感ずる。

1回目 基幹の型を終えた時点で様子を聞くと、大腿部にハリもあったがその部位のハリはなくなったが、足底のしびれは、今は感じないが、家に帰って仕事をしないと解らないと帰りました。

2回目 翌朝 もう少し治療を受けたいと電話予約ありました。
基幹の型と痛みのある部位を念入りに損屈等しました「痛みない。」と言うことで終了しました。

3回目、4回目と治療を続けました。

5回目 最初の治療から10日目に(その間治療は続いていませんでしたが)やはり まだ足底にしびれを感じるということで治療をしました。
下肢の方の基幹の型をやり終えたところで、山田先生の指導を受けました。
         
指導内容:椎間板ヘルニアの治療、長くやる、捻転を交互にいれる

結果:「きた時より良くなった。」 と明日の予約をしていきました。
そして翌日(6回目)の治療 家に帰って仕事しても足底のしびれは、とれましたが、足の指先に、しびれがあると言う事なので、基幹の型と昨日の指導内容を、変化があったのでやる事にしました。患者本人が「明日から忙しくなるので通えない」と言うので、自己療法を指導して終了しました。
         
 患者さんが帰られてから、私は、なぜか おちこみました。 山田先生に初回時に(早い時点で)問い合わせしなかった事と、もっと 患者さんの為に指導を受けるべきだった。と後になって悔いました。          

イケダ自然形体研究所 池田三千枝
 ikeda@shizenkeitai.co.jp

人気ブログランキングへワンクリックお願い致します


    
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

坐骨神経痛と足の痛みとしびれ

        60歳代 男性 電気自営業 5年前から足がだるかった。足のむくみがあって靴下の後がくっきりついていた。足をもんだり、家族に足の裏を踏んでもらったり、敷居の角に土踏まずを押し

坐骨神経痛がすっきり

一年半前に雪道で滑ってお尻を打った50代の女性。歩くと腿の付け根が痛い、お尻の横が痛い、腿の外側が突っ張って痛い。夜中に足がジワジワと痛くなって眠れない。 治療に来てから足を伸ばしてぐっすり朝まで眠れるようになった。足を引きずらなくてもスタスタ歩けるように
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。