スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

頭痛、偏頭痛

yuhi-05s.jpg


昨日、NHKで頭痛特集をやっていた。対症療法ではない、根本的治療法が開発されたと言う、触れ込みである。
興味津々で見ていると、結果はやはり対症療法に過ぎない事が判った。さもありなん、である。

天下のNHKに文句をつけるつもりはないが、間違いは間違いである。尤も、NHKの間違いではなく、登場する医師、研究者の間違いではある。

結局は頭痛の起こる寸前にそれを抑える薬を投与する方法であり、少しも原因的解決法ではない。
根源的解決とは、薬物も必要ではないし、再発は殆どしないものである。

中で肩こりが原因であるとも、言っているが、では肩こりの原因は何か?に答えていない。
肩こりの原因については、このブログの肩こり、首凝りのカテゴリーを参照頂きたい。そこで原因を詳しく解説してある。

人気ブログランキングへワンクリックお願い致します

人気blogランキングへ←ブログランキングに参加しました。ここをクリックお願いします。
NHKでやっていたのは、頭痛の分類を症状によって分けていた。これが、そもそもの間違いである。
ここで既に対症療法になっている。本当に根源的治療法と言うなら、原因によって分類されていなければならない。

頭痛にしても、肩こりにしても、とっくの昔に解決済みで、自然形体療法では、当然の如くその場で解消する。
完治までには、何回か掛かる場合があるが、ついでに治る程度の極簡単な治療である事に変わりはない。

丁度、この事を証明する為に、来られたかのように、10年前の頭痛、肩こりに悩んでいた患者が来られた。都合6回の治療で完治し、それ以来、頭痛、肩こりになった事が無いと話してくれた。詳しくは後日書く事にするが、殆どがこの通りで、頭痛、肩こりで2度と来られる事は私の記憶にない。
頭痛、肩こりが治ると言う事はこの様な事を言うのである。薬で抑えたと言うのは対症療法の典型である事を、医師は知らないのか、本当にその事を信じているのか、お寒い限りと思う。

尚、頭痛の原因については、改めて解説するので、乞ご期待である。
人気blogランキングへ←ブログランキングに参加しました。ここをクリックお願いします。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

頭痛が取れた 体の傾きが直った

4歳 男子 幼稚園で鼓笛隊の発表会があった。プラカードを持つ役だった。母親が見に行った。プラカードが曲がっている。よく見ると体がグニャグニャしている。ふざけて持ってないで、シャキッと持ちなさい。と声をかけた。でもまだクネクネしている。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。