スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かかとの痛み

0532hanas.jpg

こんにちは、研修生の広田です。

症例報告
小学5年生 女子(私の長女です)

2週間前、ミニバスケットボールの試合中に、ひねったわけでもないのに
かかと付近が痛くなった。
くるぶしとかかとの中間付近に圧痛があり、歩くときにも同じ場所が痛い。
朝、家の階段を下りるときに特に痛い。学校では走ったりしなければ痛くなかった。
指撫法や触圧、損屈をしても少しも圧痛はとれない。動作転位もあれこれやりましたが、
時々、軽くなることはあってもほとんど変化が無い。
昨日は、損屈をして手を離すときに痛みがでる。
昨日からは普通に歩いても痛い。また圧痛のある部分がかかとの床に着く部分にまで
およんできたので、先生に電話をしました。

回答
圧痛のある部分を長めに狭定しなさい。
歩いて痛いのは、狭定した力を緩めずにかかとを上げてもらうこと。

結果
狭定を3分から5分、強さを変えて3回程やりました。
圧痛はすぐに取れました。
歩く時の痛みも、その時(午前11時頃)はほとんど無くなりました。

その後、外で遊んだりしていましたが、夕方になってまた痛くなったというので
同じ治療をしましたが、歩くときに少し痛みが残りました。
寝る前にもう一度治療。
圧痛はまったくありませんが、歩く動作のときに痛みが残り、同じ治療をしていても
最初程の効果はありませんでした。
それで後は動作転位だけかなと思い、かかとを狭定しながら他の場所も何カ所か固定したりして、
本人曰く「1%だけ違和感がある」ところで、一晩様子を見る事にしました。

山田先生、ご指導ありがとうございました。

人気ブログランキングへワンクリックお願い致します

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。