スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

劇的進歩の1年

2009年は自然形体療法の劇的進歩の年でした

商品名「マザーキャット」
の発売以来治療に実際に使ってみると、
予想を遥かに超えた性能?が次々に発見されました。

まるで温泉が湧き出るように毎日新発見の連続であり、ブログを開く暇もないほどでした。

商品名「マザーキャット」の使用方法は700を超える数になり、
その効果は素手の治療に比べると数倍の速さ、素手では治せないものも治せます。

特に癒着の解消は数回当てただけで解消するなど、目を見張る程のものです。
(詳しくは http://www.shizenkeitai.co.jp/souhonbu/mc/mc_kouhou.html をご覧ください)
 
四次元検査法の開発


従来の検査法は三次元ですが、これに動きを加えてその変化を肉眼でとらえ、触診で判断できる方法です。

ちなみにレントゲンは二次元
CTは二次元を積み重ねたもので、判断が難しいと言えます。
また、動きを解析することは困難です。

しかもこれらは人体に有害な放射線を使用しているので、被曝を避ける事ができません。
一旦被曝すると一生消えることなく残ることは良く知られています。

また放射線の被曝は発癌の原因として一般に広く知られています。

MRIは二次元です。その為多くの撮影を必要とし、動きを解析することは困難です。

その場で手軽に誰でもわかる検査法の確率は今後の自然形体の理論、技術の飛躍的発展に寄与するでしょう。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。