スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

打撲の後遺症、肩、膝、肘、足首

打撲の後遺症、肩、膝、肘、足首
日本在住の米国人男性 30代?(今は忘れてるので…)。
見上げるような長身である。多分190~200cm?

10年前に壁に激突して右の膝、肘、肩を強打しあらゆる病院、カイロドクターのところで治療を受け、日本でも整体や鍼灸の治療を受けたが殆ど症状は変わらなかったり、逆に悪化したりの状態だった。
又、漢方薬も試して見た。結果は前記と同じ。

6年前から反対側の膝、肘、肩も痛み出した。右同様に治らなかった。

以上は前回5月16日に紹介した。
それ以来1ヶ月ぶりの2回目の治療である。
今回は3日前に右肘を痛めた。重いものを持って痛めたそうである。
右肘だけでなく肩も痛めていた。
肘は触っただけでも激痛である。この男性、痛みに非常に敏感で弱く、初回は汗びっしょりで、自分でも痛みに弱いと言っていた。
今日は前回より、安心して治療を受けられますと。

奥さんの話によると3日前に又痛めてから、治療日は何時か、何時かと2時間おきに何回も聞いていたと言う。(笑)
治療が終わって痛みも全部消え、帰る間際に神妙な顔をして、

「こんな人間ですが、よろしくお願いいたします。」(爆笑)

なんだか、日本人に見えてきた。

こうした自然形体療法の事例を多くの苦痛を抱える人々に知ってほしいと思います。
その為に人気ブログランキングをクリックして頂けるとありがたく思います。

人気ブログランキングへワンクリックお願い致します


スポンサーサイト

テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

30年前からの変形性膝関節症

66才 主婦 20年前からの膝痛、足首痛、頭痛、肩こり
内側が痛い、不安定、正座が出来にくい、曲げると音がする。お皿も痛い。
6月9日初診 初回で上記症状は全部なくなった。
6月15日二回目 又痛み出したと言うので、揉みませんでしたか?と聞くと、痛いから揉んでいました。との返事。

最初に揉まないように言ったでしょう?と言うとそうでしたっけ?

初診時は膝のことしか言わず、書いてもいなかった。数日して痛み出したが、痛みが大分軽いので、思い出したのだと言う。

頭痛は顔の横全体と鉢巻を巻いたような部分に出ると言う。しかも20年前からである。
これらは頚椎に問題のある症状なので膝痛の最初の頃にどんな生活をしていたか聞いてみた。

最初は風邪を引いて寝込んでいた時に、一日中、うつ伏せで本を読んでいたと言う。ある作家の真似だという。
これで、これらの症状の原因が判った。頚椎の椎間板損屈である。
作家の生活と一般人の生活は違う。
作家は重いものも他の仕事も持たないし、書く事以外に縛られることもない。だから、一日中うつ伏せで本を読んではいないだろう。

この人はそうした生活を続けていたために頚椎の椎間板を傷めたのである。この為に変わった頭痛に悩まされることになったのだ。

これらの症状は全部なくなって、喜んで帰られた。

こうした自然形体療法の事例を多くの苦痛を抱える人々に知ってほしいと思います。
その為に人気ブログランキングをクリックして頂けるとありがたく思います。

人気ブログランキングへワンクリックお願い致します


テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

打撲の後遺症、臀部

34才 男性 6/8日夜、酒に酔って、尻餅をついて臀部を強打した。しかも尾骨付近。

本人は転んだ時の状況を全く覚えていない。

元々は股関節症の患者さんである。
既に股関節症は治っているのだが、一つが治ると別の未知の症状が浮き出てきて治療に苦慮しているところである。

今回の打撲も、尾骨付近と言う、指が入らないところの症状である。打撲の後遺症は既に解決済みの問題であるが、事は添う簡単にはいかない。
何故なら、指を入れにくい場所なのである。周辺の痛みはなくなったが、尾骨付近は治療しようにも指が思うように使えないところだ。
周辺の痛みは既に1回目で殆どなくなった。

しかし、尾骨付近の一点の痛みは残った。
何とか次回までに解決策を考えなければならない。う~ん、である。

こうした自然形体療法の事例を多くの苦痛を抱える人々に知ってほしいと思います。
その為に人気ブログランキングをクリックして頂けるとありがたく思います。

人気ブログランキングへワンクリックお願い致します


テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

検査万能?

以下はある患者さんへの返信である。一部を抜粋して掲載した。
『不思議なブログ』と、感じました。とのメールにその訳を聞いてみた。以下はその返信の一部分である。
-------------------------------------------
ええ、『不思議なブログ』と、感じました。

日記のように「そのときの気持ち」がほとんどなく、
宣伝のように「親しみやすさ」などのイメージアップの要素も少なく、
膨大な数の症例が淡々と書き連ねてあったからです。

本当に痛みをどうにかしたいという気持ちがなかったら、
読んでなかったと思います。

そして、病院ではどうにもならず、ただ耐えることを余儀なくされる類のものでも、治ります、と断定しているところもオドロキです。

研ぎ澄まされた人間の感覚は機械以上であると思っています。

ただ、誰でも常備しているわけではありませんし、
残念ながら善意ある行為をしてない方がいるのも存じております。

そのうえで、「山田先生の治療を一度受けてみたいものだ」と
思わせるブログでございました。
--------------------------------------------------

貴女が書いた通り、人間の感覚は機械を遥かに上回ります。
又、思考はそれ以上に、機械の及ぶべからざる範囲を楽々と超えます。
機械は人間が使うものであって、使われるものではありません。
ですから、いまどきの検査万能の神のように機械にかしずいている
医師の哀れを感じます。
神の前では、思考も停止し、判断すら委ね、唯々諾々とお告げを伝える
巫女のようです。
---------------------------------------------------
だから、原因を追究しようともしていない。
これに関しては私は呆れるばかりの思いで、現代医学を見つめている。
例えば、リウマチ、椎間板ヘルニアでも、原因不明とか手術をして応急措置を施すだけなのに、治療と言う辺りは噴飯を通り越して唖然たる思いである。
今日も膝の患者さんが数人続いて、一様に変形性膝関節症との診断で一人は30年、もう一人は20年の長きに渡って現代医学の治療を受けて全く治らなかったと言う。
この二人の女性、しかもどちらも70代の高齢である。
お二人とも、痛みはなくなり普通に歩け、階段も上り下りが出来るようになった。
両膝の治療だけであれば10分と掛からない。
これほど比べるのは愚かと言うほどの差であり。結果である。
何をかいわんやである。

こうした自然形体療法の事例を多くの苦痛を抱える人々に知ってほしいと思います。
その為に人気ブログランキングをクリックして頂けるとありがたく思います。

人気ブログランキングへワンクリックお願い致します

テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

捻挫

女子中学3年生 右足首の捻挫

学会の帰りに立ち寄った所、捻挫の痛みで片足をつけない状態、半べそをかいている。

弟子の先生がやってみたが、少し複雑で完全には痛みが取れない。

仕方がないので、手出しをした。
3方向から動作法を行い、あっという間に痛みは完全消失した。

学会の後はこうした事例にぶつかることは以前にも書いたが、いつもながら、不思議である。

こうした自然形体療法の事例を多くの苦痛を抱える人々に知ってほしいと思います。
その為に人気ブログランキングをクリックして頂けるとありがたく思います。

人気ブログランキングへワンクリックお願い致します

テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

ぎっくり腰

72歳 男性 ぎっくり腰、左足全体から臀部の坐骨神経痛
1週間前にぎっくり腰になった。病院へ行ったが全く良くならないので、知人に聞いて治療に来た。

あまりの激痛に身体全体が硬くなり、力が全身に入り腋の下にも、背中にも汗が滲んでいる。

治療を始めると硬直したように力を入れて、膝を曲げるのも大変である。しかも痛そうに顔をしかめているので聞いてみると、力が抜けないと言う。

それではと、力を入れても大丈夫な手法だけを使った。
治療が終わって恐る恐る立ってみて、痛くないのを確認している。
ようやく痛くないのを何度も確認して後にやっと笑顔が出た。

予約が必要かどうか聞かれたが、問題ないと思われるので、もし、痛ければどうぞ!と。
この場合の神経痛は身体の歪みが原因であったので、簡単に治るのである。

こうした自然形体療法の事例を多くの苦痛を抱える人々に知ってほしいと思います。
その為に人気ブログランキングをクリックして頂けるとありがたく思います。

人気ブログランキングへワンクリックお願い致します

テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

半月板損傷治療後の結果

私の患者さんではないが、半月版損傷の治療後、MRIで検査をした結果の報告を受けた。

結果は損傷が治っていたのである。

詳しいことは聞かなかったので詳細は機会があれば、又報告することにする。

これは長浜の中村先生の報告である。

私の理論を実証するものとして、嬉しい報告であった。

病院などで協力者がいれば、こうした機器で自然形体療法の効果をドンドン実証できれば、この療法が認知されやすくなると思う。

決して誇大広告でも妄想でもないのである。

人気ブログランキングへワンクリックお願い致します

テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

自然形体医術学会学会 3日目 新手法解説

3日目は主として、最新の手法を公開する。

未発表のものが150程残っている。このため初日に少し時間をとって発表したが、到底全てを消化することは無理である。

やっと時間内に発表できたものが40程であった。
どうにか予定を全部消化して、時間は少し超過した。

最後に頭鳴りの治療法実技を指導して終了した。
耳鳴りの範疇に入ると思うが、特に頭に音を感ずる、この症状は聞いて見ると結構多いようである。

手法としては新しいものではないが、頭鳴りの原因を解明して、それに対する手法を使えば良いので、理論面の解説が主となった。

新手法は股関節、リュウマチ、膝、足首、体幹の捩れに関するものが多かった。
それにしても、まだ未発表分が100ほどあるとは…。

人気ブログランキングへワンクリックお願い致します

テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

6月学会二日目

6月11日 第19回自然形体医術学会 二日目
今日はスポーツ障害の内、捻挫、肉離れ、打撲に的を絞って治療法を公開した。捻挫も肉離れも打撲も現代医学の弱点である。

だから、捻挫をして炎症も治り、筋、靭帯の損傷などが治ったと診断されても30年も痛みが消えない例もある。
打撲、肉離れも然りである。

これなども、一瞬にして痛みの原因を解消することが出来るのは、自然形体療法の独壇場である。何故なら、そうした長期間にわたる痛みの原因が現代医学では解明されていないからである。
もし、他の治療法で治せるとすれば、以前に私の指導を受けた治療家しかいないのである。

捻挫も部位が多いので1日では全部を発表するのには時間的に無理がある。
今日はその他に肉離れの治療法と打撲の治療法も公開した。
この二つも現代医学の盲点である。肉離れも打撲もその場で治せるのである。こんなことを書くと誰も信じないだろうと思うが、最近の肉離れの治療例でも証明されているので、ごらん頂きたい。

打撲の後遺症も病院ではお手上げである。古い例だが、50代後半の女性がしりもちをついた時の打撲の後遺症で悩んでいて、病院で5年間の治療を受けたが全く痛みは変わらなかった。
そこで、娘さんが連れてきたのである。この時はまだ打撲の後遺症の治療法は確立されていなかったので、10回位の治療を必要としたが、治療するたびに痛みは軽減され、最初は触れても痛くて、痛くない周辺から治療したが、現在は違う。
理論も確立され、治療法も確立されて、短期間で痛みの原因から根こそぎに治療することが出来る。

人気ブログランキングへワンクリックお願い致します

テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

6月学会初日

6月10日 第19回自然形体医術学会 越後湯沢 初日

いつものように初日は過去1ヶ月間の症例質問で開始された。
症例質問とは、各地の治療院で治療方法とか診断に迷った場合とか、治療法の選択に疑問が生じた時などに、私が任意に電話質問を受けて、それに指示をする制度である。
これによって、自然形体療法の正規会員は私に何時でも質問することが出来る。
こうして、その結果を有効無効に関らずメーリングリストに報告することを義務付けている。こうすることにより、全員が同じ症例を共有し、診断のレベルを向上するようにしているのである。

しかし、その場ではいちいち私の回答を解説している時間的余裕はないので、月に一度の学会でその疑問、質問を解消する機会を作っているのである。
私はこの時間を非常に重要な時間と考えている。
こうした質問によって私が診断した過程と理由を全員が共有できるのである。これによって診断に際する考え方を鍛える効果がある。
治療には診断が最も重要であるからである。
診断によって、治療の方向性が決まる。的が決まるのである。狙う的が正しければ、当たらずといえども遠からずである。
これに反して、診断が間違っていれば、治療が正確になればなるほど的は遠くなるし、必ず外れるのである。

人気ブログランキングへワンクリックお願い致します

テーマ : 今日の出来事 - ジャンル : 心と身体

ふくらはぎ、足の甲の痺れ

56歳 女性 理容業の方で2年前から左ふくらはぎから足の甲全体に常時痺れがあり、2週間前から立位で左臀部に痛みがある。立位で10分くらいすると立っていられなくなる位の激痛になる。

当初は仰臥位で足を伸展した状態で痛みがある為、膝立で施術を行なっていた。
40日程10回目で臀部の痛みは出なくなったが、ふくらはぎと甲の痺れが残る。大腿前方牽引捻転で軽くなるが無くならない。腹屈をしても変化がなくなってきた。当初は椎間板を疑っていたが、なかなかよくならない。ふくらはぎの指撫法をするとビリビリする。足の甲の剪断法をすると痛みがある。中足骨を叩くと響き、周辺の中足骨を叩いても響く。中足骨の骨折?と思い以前先生から骨折の際、土踏まずに晒しを丸めて入れて足の甲に晒しを巻くことを教えてもらったのでそのようにすると楽との事。しかしその状態だと段々痛みが出てきたので途中で外したとの事。以前、足関節が下腿に入りすぎていると足の甲に痺れが出ると教えていただいたことを思い出し、下腿の牽引や牽引振動法をすると楽との事。試しに足首にさらしを巻くと楽との事なのでその日は終了しました。
その後、足首に晒しを巻いても変らないとの事。足関節の動作法で外踝の下を固定し足底を外側に向ける動作法をすると楽になるとのこと。しばらくその状態を固定するが離すと戻る。どの様にしたらよいか分らず先生に質問した。

回答
立位で足首を内側に曲げ外踝の下を内側に静圧する。

結果
痺れが残る為、再度質問しました。

反対側は固定してますか?

→対角線で内踝の少し上を固定しています。

静圧せず自分で曲げただけの方が痺れを感じなくなるとの事。(触れると感覚が無いような痺れは残る)

その状態を20秒くらいやる。
→もどすとすぐに痺れが出ます。

それを繰り返すしかない。
それか、包帯か晒しを巻く。

以前に捻挫のひどい患者さんのときに教えてもらった、晒しを足首と足の甲を交差するように巻き時々自分で曲げてもらうように話、その日は終了しました。学会の為2週後に来院の予定で結果はまだわかりません。

山田先生、何度もありがとうございました。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
新潟県三条市直江町2丁目2番24号
な ご み 自 然 形 体 院
TEL(0256)33-7530 鈴木 孝一
HomePage http://www.nagomi-s.jp
mail suzuki51@shizenkeitai.co.jp
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

こうした自然形体療法の事例を多くの苦痛を抱える人々に知ってほしいと思います。
その為に人気ブログランキングをクリックして頂けるとありがたく思います。

人気ブログランキングへワンクリックお願い致します

テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

子宮筋腫、生理痛

44歳 女性 6年前から子宮筋腫があり、痛みがあると薬を服用
生理が始まり、下腹部が痛む

治療後、痛みが取れても、しばらくすると痛み出す。
繰り返しになっていましたので、質問しました。

《回答》
膝頭を静圧は、しましたか? → やりました。
それでは、角度を変えて何回か繰り返す。
膝を立てて指撫法。
膝を立て、腸骨を捻転。
痛みのあるところを触定。

《結果》
完全に痛みが取れず、ツッパリが残りました。

《回答》
頭を床につけて、原位足首回しをしなさい。

《結果》
痛みは、あまり感じないが、感覚が残っている。
ということで、終了しました。

翌日の治療

昨日の夜までは、痛みが無かったがその後から痛くなった。
痛くなってから薬を飲んだが効かない。

いつも、痛くなってからでは聞かないので、痛くなる前に
薬を飲み、生理が終わってからも一週間は薬を飲んでいる。

痛み、吐き気で、来た早々、台に四つん這いになり
その格好で背中から腰の指撫法をしました。
側臥になりましたが、痛みが治まらず、痛みで身体を
捩って、唸っている状態でした。

どのように治療したら良いか質問しました。

《回答》
側臥で良いので、膝をお腹につけるように身体を丸めて
背中から腰に指撫法と指頭静圧をするように。

《質問》                
痛みもあり、吐き気を繰り返しています

《回答》
前側を治療してみて

《質問》 
同じように吐き気と痛みを繰り返しています。
吐くといっても、胃液しか出てきません。

《回答》
それだと、違う原因かもしれないので病院に行くほうが
良いでしょう。と言われましたが、毎月同じようになっていて
救急で病院に行っても、点滴と座薬を入れても痛みが治まるまでに
時間が掛かっていることを伝えると、病院に行っても仕方ないね、
お腹が空っぽになっているので、余計に痛くなる
白湯か、おかゆを食べるように。

腹部の痛みのあるところを今度は、強めに静圧するように。

治療し続けるのも良くないので、時間を空けてやってみて。

《結果》
その後も吐き気があり、少し落ち着いていましたが
また、痛みが酷くなり、家族に方が迎えに来ることになっていましたので帰って薬を飲んでも良いか聞きました。

《回答》
睡眠を取るほうが大事なので、薬を飲んで休むようにしたほうがいいですね。

何度も質問に答えて頂き、ありがとうございました。

    ☆。・*★ 。・* ☆・*★ ☆。・*
 ** ★ ☆。・寺田自然形体研究所☆。・*
   。・*    寺田千恵美   *。・★ 
 **  .。・ terada@shizenkeitai.co.jp 。*・
*☆。・*★  。・* ☆。・*★ ☆。 

こうした自然形体療法の事例を多くの苦痛を抱える人々に知ってほしいと思います。
その為に人気ブログランキングをクリックして頂けるとありがたく思います。

人気ブログランキングへワンクリックお願い致します

テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

漏斗胸

名古屋の堀田です。症例です。

 28歳男性  側わん。目の奥がいた。胸が張る。肩が張る。
 ロート胸という症状で来所。

 以前教わったロート胸の手法をやったがなかなか変化がない。
 他は症状は、なくなった。
 ロート胸が変化ないので山田先生に質問しました。

 回答
   お腹がへこんでいたら、水等を飲ませなさい。そして、
   側臥で腹屈状態にし、ロートの部分の後ろ側、背中を指頭
   静圧し捻転を掛けなさい。なかなかでない時は、左右どちらか
   一方をまず前に出すようにしなさい。

    酷いものは、すぐには変化しない。   

 結果

   変化ありませんでした。施術時間も長くなったので終了しました。

こうした自然形体療法の事例を多くの苦痛を抱える人々に知ってほしいと思います。
その為に人気ブログランキングをクリックして頂けるとありがたく思います。

人気ブログランキングへワンクリックお願い致します

テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

原因不明の背中の痛み、腕の痛み

54歳 男性 会社員

突然、右背中がうずき、首から右上肢に痛みがある。
毎年、5月になると右前腕に痛みがでる。病院で検査してもわからない。
座って何もしなくても背中はうずく。歩けば痛みは増強する。
仰臥位だと楽になる。伏臥位は痛みが強くなる。
もともと首は悪く、ときどき病院で牽引していた。

頚椎が原因だと思い、治療するが背中の痛みが改善されないので質問した。

回答 右肋骨(胸椎上部付近)が下に落ちています。(これは書き損じ、正しくは前方に転位している)
    伏臥位で右胸椎上部の起立筋を軽く押さえると、痛みが軽くなるか、
    消えるところがあるから6秒ぐらい押しなさい。

    次は座位になると、肋骨は下に下がるから、指二つぐらい下から
    前胸部と背部を斜め上に肋骨を上げなさい。

痛みが消えました。

お忙しいところ、朝早くからありがとうございました。

********************************
田中 昭則
http://tanakaseikotsuin.web.fc2.com/
nagasaki@shizenkeitai.co.jp
TEL 095-881-1918
携帯 090-8296-8030
〒851-2106
長崎県西彼杵郡時津町左底郷87-1
*********************************

こうした自然形体療法の事例を多くの苦痛を抱える人々に知ってほしいと思います。
その為に人気ブログランキングをクリックして頂けるとありがたく思います。

人気ブログランキングへワンクリックお願い致します

テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

リュウマチ、リウマチ

51才 女性 主婦
6~7年前からのリウマチ、リュウマチ(呼称が色々あって困る。)
歩行時の両足の裏の痛み、痛くて普通に歩けない。足首の痛み、左膝の痛み、腰痛、背中のハリ、両肘の痛み、右手甲の痛み、腫れ、左手甲、指の腫れ、痛み、拇指の痛み、肩こり、首こり、左肩、鎖骨の痛み、両肘の痛み、右肘は真っ直ぐ伸びない、耳鳴り右、夜になると鳴る。
左大腿後方の痛み。
症状が多すぎて、書くのが大変である。

5月27日初診、ブログでも28日に紹介した。その時に山手自然形体教室を紹介しておいた。この病気は長期戦である。

今日はキャンセル待ちをしていて、運良く予約が取れたのである。

既に一度治療を受けて治った経験があるので、ニコニコ顔である。
人間は少しでも希望があれば、我慢ができる。来れば痛みが治る事は判っているので、安心して治療を受けることが出来るし、いずれは治ると確信しているので、それが良い方に働く。
だから、治り方が加速度的に早くなっていくのである。
国からも難病指定されているこの病気は出来るだけ間隔を開けずに治療するのが最善である。
しかし、如何せん、予約状況はおよそ1ヶ月半先まで埋まっている。
これだけは私も治せない。心苦しく思っているが、どうにもならない。
私も生身の人間である。休息を取らないと治療を継続することは不可能である。

予断はさておき、全ての痛みは消えて、ニコニコとお帰りになった。
もう、リウマチなんぞ怖くないと言う顔である。
歩き方もずいぶんと良くなってよちよち歩きは全く見られない。
後は一日も速く痛みの無い健康な身体になって欲しいものである。

こうした自然形体療法の事例を多くの苦痛を抱える人々に知ってほしいと思います。
その為に人気ブログランキングをクリックして頂けるとありがたく思います。

人気ブログランキングへワンクリックお願い致します

テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

低音性感音性難聴、耳の閉塞感、つまり感

6月5日初診 33才 男性 音楽家
5/3 発症。低音性感音性難聴と診断された。現在も投薬中。酷い耳の閉塞感とつまり感、耳鳴り、腰痛、肩凝り

5/21の検査で聴力は正常になったが、酷い耳の閉塞感とつまり感、耳鳴りが治らないので、他県から来られた。

音楽家にとって耳の閉塞感とつまり感、耳鳴りは致命的である。
過去にむち打ち症は?と聞くと、18才の時に3mの脚立から落下して右足を捻挫し、強くしりもちをついた経験があると言う。
しりもちは最終的に頭が落ちて頚椎に衝撃が掛かるので、鞭打ちの原因となる。
15年以上も前のむち打ち症の後遺症とも考えられる。
そんな昔のむち打ちが?と思われるかも知れないが、鞭打ちは年が経てば経つほど悪化するものである。

治療が終わって、検査をすると、左耳だけほんの少しだけ耳鳴りが残ったが、右は全く無くなった。
もちろん、他の症状は全て解消した。大喜びで又来ますと言って帰られた。めでたしめでたしである。

こうした自然形体療法の事例を多くの苦痛を抱える人々に知ってほしいと思います。
その為に人気ブログランキングをクリックして頂けるとありがたく思います。
人気ブログランキングへワンクリックお願い致します

テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

半月板損傷

両膝半月板損傷 18才 男子高校生 
 以前、掲示板で何度もお世話になりました、ヨッシーです。半月板の痛みが再び出てから、ようやく山田先生の元へ再び行く事が出来ます。どうも半月板の違和感だけは、他の自然形体に行っても取れません。それに、以前は先生の本に載っていた手法を1、2度やったらほとんど歩けなかったのが、2km歩いても痛くなくなったのですが、再び痛みなどが出て以来、やっても全く効果がありません。MRIで再び写真を撮ったら、損傷していました。これは残された道は、山田先生に診てもらうしかないと思い、明日そちらへ向かわせて頂きます。最後の頼りである山田先生に診てもらっても、治らなかったら、もうあきらめるしかありません(>_<) (>_<) 明日は、お願いします。
-------------------------------------------
結果は見事に痛みは無くなり、正座も可能に…。
患者さんも納得の結果でした。

後で続きを書きます。取り敢えず結果報告まで
--------------------------------------------
平成17年12月末 初診
18年1月末頃から痛み出したとの事で、再発かと問い合わせがあったが、私は再発とは考えていない。
1度治ったものが再度悪くなったのではなく、新たに痛めたものであると考えている。厳密に言えば誰にも判らない事ではある。

私は何か無理をしたのだろうと思っていた。
聞くと案の定、正座をして痛くなったのに我慢して続けていたら痛み出したとの事である。
痛みを我慢しては絶対にいけないのは鉄則である。
無理をすれば必ず悪化する。痛みを我慢することは無理である。

半月板損傷は一瞬にして治ると言うのは、判らない事ではあるが、以下の意味である。
現代医学で言えば半月板損傷が原因で膝に痛みが出ると言う結論である。しかも手術以外に治らないとも言う。
それならば、半月板損傷の痛みが一瞬にしてなくなれば、半月板損傷は一瞬にして治ったことになる。と言える。
以上の意味で一瞬にして治ると言っているのである。
痛みが消えても半月板損傷が治っていないとするならば、半月板損傷が原因で痛みが出るという論理は成り立たなくなる。

事実は半月板損傷でも軟骨損傷でも痛みはでないと私は考えている。
これらの組織は殆ど痛みを感じないと言って良い。
第一にこれらの痛みは半月板とは殆ど関係の無い場所に発現しているからである。

ともかくこれらの論理を納得してもらい、痛みも無くなり、喜んで帰られた。


こうした自然形体療法の事例を多くの苦痛を抱える人々に知ってほしいと思います。
その為に人気ブログランキングをクリックして頂けるとありがたく思います。

人気ブログランキングへワンクリックお願い致します

テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

半月版損傷

62才 女性 初診 6月2日 
平成18年4月28日 突然激痛に襲われ、足が着けなくなる。
膝に水がたまり病院で抜いてもらう。その時、関節内出血を起こしていた。
歩く時、左膝の皿の下から内側が傷む為、普通に歩けない。膝が少し腫れていて、真っ直ぐに足を伸ばせない。正座が出来ない。
病院では「一生、正座は出来ません。」と言われた。
当然歩き方がおかしい。膝は伸びず、足も着き方が変である。

最近、半月版損傷の患者さんが多い。今日(6/3)は3人がそうであった。もちろん全員痛みは無くなり、正常になった。

先ず、足を伸ばせるように治療した。両方共に同じように膝が伸びた。
驚いて自分の足を見た。

次に、膝が曲がるように半月版損傷の治療をして歩いてもらう。
痛くなく歩けるようになったが、まだ変な癖がついていて、来た時と似たような歩き方をしている。痛くないのに、自分で判っていても出来ないでいる。
暫くしてようやく普通にあるけるようになった。正座ももちろん大丈夫に。「医師からは一生正座は出来ませんといわれていたのに…。」

「まさか、1回で歩けるようになるとは思わなかった。」と言って横にいた以前から来ていて、この様な光景を見慣れている患者さんと笑い合っていた。
帰る時も「嬉しいっ。」と連発してお帰りになった。

こうした自然形体療法の事例を多くの苦痛を抱える人々に知ってほしいと思います。
その為に人気ブログランキングをクリックして頂けるとありがたく思います。
人気ブログランキングへワンクリックお願い致します

テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

円盤状半月版、膝と踵の痛み

9才 女子小学生 両膝の痛みと右踵の痛み、足が内股になりやすい、視力0.3

病院で円盤状半月版の疑いがあると診断された。日本人に多いとされる。但し、だからと言って特に問題は無いのである。

先ず踵の痛みをとる。これは疲労によるものであるから、疲労と筋肉の乱れを治す。歩いても痛みは無い。

次に、半月版損傷の治療であるが、一度治療して歩いてもらうとまだ少し痛いと言う。
再度、治療して、これで治ったはずなので、反対側も治療してもう一度歩いても貰うと、全然痛くないと嬉しそうにニコニコと付き添いのお父さんに告げる。
お父さんは心配そうに「本当に痛くないの?」と2,3度確かめている。
「うん、全然痛くない!」

後は視力回復の治療をして終了。これは一度くらいでは治らないので継続治療とする。

こうした自然形体療法の事例を多くの苦痛を抱える人々に知ってほしいと思います。
人気ブログランキングへワンクリックお願い致します


テーマ : 医療・病気・治療 - ジャンル : 心と身体

肉離れ、30年前の鞭打ち症、耳鳴り、呼吸困難

53才 男性 5月8日に右ふくらはぎに肉離れ。5月19日に右足首を捻挫、30年前からの鞭打ち症で左半身に全体に症状がある。耳鳴り、呼吸困難、眼精疲労
6月1日初診

30年前にスキーで転倒して鞭打ちになった。前述の肉離れの患者さん。あまりに多くの原因があるので、分けてご紹介する。

既に肉離れと捻挫は治っている。
最後に頚椎の治療を終わって耳鳴り有無を聞くと、ありません。

こうして30年前からの耳鳴りでも1回で解消する場合もある。
又、その逆も…。
呼吸も十分にできるようになった。
治療が終わって目を開けて見て、アーッ、明るくなった!
眼精疲労も解消した。
良かったですね!

こうした自然形体療法の事例を多くの苦痛を抱える人々に知ってほしいと思います。
人気ブログランキングへワンクリックお願い致します


テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

肉離れ、30年前の鞭打ち症、耳鳴り、呼吸困難

53才 男性 5月8日に右ふくらはぎに肉離れ。5月19日に右足首を捻挫、30年前からの鞭打ち症で左半身に全体に症状がある。耳鳴り、呼吸困難
6月1日初診(前日、肉離れの講義をしたばかりで、キャンセルの隙間に運よく予約できた方である。不思議に講義をした後でその講義の内容の方が来られる事が多い)

歩行困難の様子で右足を不自然に動かさない歩き方をして来られた。
着衣の上から、そっと触ってみると、固い!
実はハリ薬と包帯でぐるぐる巻きに固く巻いていたのである。
こうしたものは何の意味も無いので即座に外してもらった。

身体全体の治療の途中で肉離れの治療をした。数分でふくらはぎ全体のしこりがなくなったので、もう痛みは無いはずと立って歩いてもらう。
しかし、3週間ほどで歩き方の癖が出来てしまったままで、可笑しな歩き方をしていて、まだ右足をかばっている。

もう大丈夫、痛くないでしょう?と聞くと痛みはありませんが、普通の歩き方を忘れて、上手く歩けないと言う。

痛みが全く無いわけではないが、軽い筋肉痛程度のはずなので、普通に歩くように指示をした。

室内を数往復しているうちに何とか普通に近くなり、本人も納得。
整形では
「何か自宅で出来ることはありませんか?」と聞くと。
「肉離れは何も出来ないし、何もすることは無い。」と言ったと言う。
???何のための医者???

こうした自然形体療法の事例を多くの苦痛を抱える人々に知ってほしいと思います。
その為に人気ブログランキングをクリックして頂けるとありがたく思います。
人気ブログランキングへワンクリックお願い致します


テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

右テニス肘と左手首の痛み-2

36才 男性 5年前からのテニス肘(右肘)と左手首の痛み。
2回目
 毎月1回の痛み止め注射で誤魔化して来たが、昨年12月以来、全く効果が無くなった。手首は右肘を庇っていた為に悪化した。

この方は、喜んで帰る途中に電車の中で痛くなり、電話してきた。
こうした場合は、大抵は痛みを探し回って元の状態に戻ったのである。
電話口でその事を聞くとそうだと言った。

せっかく治したのに…。である。
大抵はこういうことをする。
せっかく一度は治った痛みを探すと言うことは、悪い状態に戻そうとする事になることを知らないのである。
-----------------------------------

前回の痛みは自分で探しているうちに痛くなったんでしょう?と聞くと
その通りです。と答えが返ってきた。
気持ちは分かる。5年間も痛み続けて注射も効かなくなって、見てる間に治ってしまうと、不思議を通り越して、試したくなるのである。
本当に治っているのだろうかと。
又すぐに再発するのではないか?
と疑念が湧く。そこで、痛くないかどうか試したくなるのである。

2回目の治療ではすぐに痛みは解消した。
既に1度治ったものは余程無理をしない限りは治りやすくなっているものである。

もう2度と痛みを探さないように十分に注意をしてお帰り願った。

こうした自然形体療法の事例を多くの苦痛を抱える人々に知ってほしいと思います。
その為に人気ブログランキングをクリックして頂けるとありがたく思います。
人気ブログランキングへワンクリックお願い致します

テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

半月版損傷についての問い合わせ

半月版損傷について
下記のメールを受取った。

突然、申し訳ありません。僕は東京都の高校に通っているものですが、このホームページを見て電話をしているのですがつながりません。正直、今焦っていて困っています。症状は去年の11月に右膝の外側半月板を除去しました。しかし、経過がよくありません。夏にはサッカーの大事な試合が控えていて焦っています。返信を早めに返してもらえると有難いです。では失礼します。
-------------------------
どうやら、HPの電話番号が違っているようである。後で修正しなければ…。

本題であるが、この様に、半月版損傷で膝の痛みが出ること自体が本来間違いである。
だから、半月板を切り取っても、膝の痛みなどは必ず治るとは限らない。これなども私の理論を実証するものである。
人気ブログランキングへワンクリックお願い致します

テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

tag : 痛み 半月板損傷 半月板断裂

自己療法セミナー開催、捻挫、肉離れの治療法

今日は自己療法セミナーを開催、捻挫、肉離れの自己療法を講義した。

足首、足指、足底、中足骨の捻挫と膝の捻挫、膝は半月版損傷、オスグットの治療法も新技術を含めて、発表した。

新基幹の型も一時間では消化できず、プリントで自己学習してもらうことに…。

捻挫については詳しく講義するととても1日では終わらない。
結局、足から始まって、膝で終わってしまった。
残りの方が多すぎる。次回に譲ることにして、肉離れの治療法をすることにした。☆
人気ブログランキングへワンクリックお願い致します




テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。