スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

診断、判断の落とし穴

20050222171140s.jpg


治療と診断の落とし穴

数千年に及ぶ医学の歴史の中で、今までに異端とされてきた治療法は数多くあると思う。
中には、核心を付いた根本的治療法もあったであろう。
しかしながら、それらは人知れず、歴史の片隅に埋もれてしまった。

それは、理論的根拠を説明出来なかったのか、治療家の個人的能力に頼る部分が多かったのか?
今となってはそれも定かではないが。

現在は、西洋医学以外は民間療法と称されて、著しく低い環境に
おかれている。
私は逆に西洋医学こそ、完全な対症療法でしかなく、しかも
その事を自覚せずに、それ以外の治療を民間療法といかにも見下した名前をつけていることに憤慨を覚えている。

下記へ続く

人気ブログランキングへワンクリックお願い致します

続きを読む »

スポンサーサイト

坐骨神経痛

20050215200245.jpg


坐骨神経痛はその名の通り、単なる症状である。病名と間違えて覚えている患者さんンが多い。下肢の痛みで最も多いのではないかと思われる。

原因は腰椎椎間孔付近で起こる末梢神経(坐骨神経)への圧迫である。
その原因の一つとして、椎間板ヘルニアがある。
ヘルニアが坐骨神経を圧迫すれば、それが坐骨神経痛である。

その他に最も頻度の高いものが身体の歪みに起因する坐骨神経への圧迫である。この場合は、殆どの場合、片側に起きる。
骨格と神経の関係で両側には起きない。

我々の所に来る患者さんの中で、股関節症を誤って坐骨神経痛と診断されて来る方も多い。

続きは下記をクリック

人気ブログランキングへワンクリックお願い致します

続きを読む »

直腸ヘルニア、その後03

20050215200217.jpg


3周目が終わって、帰宅後、今日までの経過

水曜日に帰宅して、土曜日に便秘になったので、漢方薬を服用してみると、すぐに解消した。
その後は今日まで何も飲んでいないが、快調です、と。

本人は心配していたが、私は内心、ヘルニアはもう殆ど治っていると判断した。

人気ブログランキングへワンクリックお願い致します

続きを読む »

喘息、小児喘息

20050206104943.jpg


喘息は苦しい。子供でも、大人でも、咳き込んで、まるで際限なく、咳をする。というより、させられている感じである。
現代医学も漢方医学もこれにはお手上げの状態である。
ただ、ひたすら症状を軽減する事のみに努力を傾注している。

私が、喘息の原因を解明してから久しい。
今までに治らなかった例はない。

解明した原因は、普通に疑問を持って、推論しただけである。
ぜーぜーの音の原因は?咳の原因は?
この樣にして、少しずつ核心に迫って行く。

眠いので続きは次回に…。

続き、
現代の様に科學機器が発達した時代に、未だに病原菌や原因が
特定されていない病気や症状が数多くある。
それらは、難病と称されて、症状がその代名詞になっている。
~炎、~痛、~症、~症候群、等である。喘息も同じである。

人気ブログランキングへワンクリックお願い致します

続きを読む »

直腸ヘルニア、その後02

20050206105034.jpg


3週目の治療である。
今回は5日目までは快調であったが、6日目から少し便秘気味に。
心配なのであろう。前回は1週間持ったのに、と。

これは全く心配無用である。人間の身体は毎日変化している。
回復も、右肩上がりではないのは当然の事である。

毎日同じ事をしているのにと言う患者さんは多い。
これはとんでもない誤解である。
毎日全く同じ事をしている事は有り得ない!
常に体調は変化していて、同じ動作でも決して同じではない。

人気ブログランキングへワンクリックお願い致します


続きを読む »

リウマチ、リュウマチの肘の可動制限の原因

20050206104846.jpg


新潟、月岡温泉で開催された第3回自然形体医術学会でリウマチの手首、足首の可動制限の原因と治療法を発表した。
これは、リウマチの最後の難関、砦であった。
可動制限がなかなか思わしく取れなかった。
それを、その場で解消出来る方法を見つけて発表したのである。

痛みや腫れは既に自己療法でも解消出来る事を書にして、
公開済みであるが、この手首足首の可動制限の解消には
苦慮していたが、これで既に解決済みとなった。

ところが今日は、肘の屈伸制限の壁に当った、これは手首足首の
手法の援用では解決しなかった。
この難関を、治療中に意外な所に原因を発見し、解決出来た。

人気ブログランキングへワンクリックお願い致します


続きを読む »

花粉症って治らないの?ー04

20050215222724.jpg


30代後半の女性、
数年来の花粉症で悩んでいた。他に腰痛、肩こりである。
花粉症は瞼の痒み、爛れ、鼻水、喉の痒み、痛み。

腰痛、肩こりは2、3回で治り、鼻水、喉の痛み、痒みも4、5回で出なくなった。

ところが、瞼だけが、治療後数日間は良いが、又元に戻るの繰り返しである。

2ヶ月、3ヶ月しても一向に治らない。良くなっても又元に戻る。この繰り返しである。

あれやこれやと考えては治療するが、効果が持続しない。
何故治らないのか??????
もっと簡単に治ると思っていた私は途方に暮れたものである。
一進一退を繰り返しながら、1年が経った。

人気ブログランキングへワンクリックお願い致します

続きを読む »

花粉症って治らないの?ー03

20050206121447.jpg


今日来られた患者さんの例

外陰部ヘルペス、12年前からの花粉症、喘息も花粉症と併発。
その他に口内炎が4ヶ所これは今日その場で全部痛みは解消した。口内炎は大抵その場で治る。
40歳、女性

本来は外陰部のヘルペスで治療に来られた。
まさか花粉症や喘息が治るとは思っていなかったので、
その事は私に全く告げなかった。

ヘルペスが治り、初めて花粉症と喘息を12年前からだと、
私に告げた。
それが治るとは夢にも思わなかったからである。

4回の治療後、全くヘルペスの兆候がなくなった。
医師にその事を告げると、
「治る筈が無い。」と言われたと言う。
痛みも無くなり、完全に治っているのに…。
事実を認めない医師は科学者ではない!
科學とは事実を何よりも優先しなければならない。

イギリスの諺に
「学問無き経験は、経験無き学問に勝る。」と。

人気ブログランキングへワンクリックお願い致します

続きを読む »

花粉症って治らないの?-02

20050206121616.jpg



花粉情報で雨の日は花粉の飛散が少ないので、症状は
軽いと思われているが、全く違う。

これは間違いであり、花粉は引き金である事を以前に
このプログで説明した。
花粉が原因ではなく、引き金に過ぎないので、
雨であろうと、症状に変わりは無い筈だと思っていて、
花粉症の患者さんに聞くと、
雨が降っても症状は全く変わらないと言う。

当然である。原因と引き金との違いを説明してみよう。

人気ブログランキングへワンクリックお願い致します

続きを読む »

春よ来い

20050206121634.jpg


早く春になるといいなと思う。雪国にいると春が待ち遠しい。
春が近づいて来ると何となく心がうきうきして来る。
とても、楽しい気持ちになる。
これは雪国でないと味わえない感動である。

しかし、生活者にとって、雪は重荷である。
三条の水害、中越大地震の追い打ちをかける様に
今年は大雪となった。
被災者のご苦労は大変だと思う。
頑張れるだけ頑張っているので、少しは頑張るのを忘れて
自然に向き合って欲しいと思う。
それだけに余計に春が待ち遠しい。

「冬来たりなば、春遠からじ。」

どんな逆境にあっても、希望は必ずあるものである。
後は信じて、待つのみである。

人気ブログランキングへワンクリックお願い致します




好き嫌い

治療家も人間である。
かく言う私も人間ができている訳ではない。
感情もあるし、ムカッと来る時もある。
好きな事をしたいから、治療家を選んだ。
嫌な事は嫌! したい事をしたい。

聖人君子にはなりたくない。
そうなりたいと目指した事もあったが、
馬鹿馬鹿しくなって止めた。

今は身体の修理職人として、プロとして、自分の流儀に
忠実に治療する事に専念する事にしている。
目の前に痛みを訴える人がいて、それをその場で治すのが
私の流儀である。

患者も色々である。予約時間を絶対に守らない方
平気で1時間半も遅れて来て、ケロッとしている方、
こういう方はお断りすることがある。

治療をしていて一番嫌なのは、聞いた事に答えない方
全然別の返事を返してきて、問答にならない。
こういう人が一番困る。

人気ブログランキングへワンクリックお願い致します

続きを読む »

直腸ヘルニア その後01

*** 便が普通に出て泣いて喜んだ

薬も何も使わずに普通に便が出る事がこれ程の感激となる。
本人にしか判らない健康の有り難さ、嬉しさである。

娘さんが「お母さん、便が出たくらいで、泣く事は無いじゃない」と言ったそうな。

3日間続けて8回ほど治療して帰った後、5日間は快調であったと。その後段々硬くなり…。

先週は大雪で飛行機が飛ばず、1週間治療が空いた。
結果は病院に行き、薬を貰って浣腸も…。

その強い便秘薬もあまり効かなくなっていたのに、
今回は効き過ぎるくらい効いて逆に下痢がとまらないくらい。

人気ブログランキングへワンクリックお願い致します

続きを読む »

直腸ヘルニア

20050206105103.jpg


写真はこの表題とは全く無関係である。頭脳明晰な読者は
如何なる関係かと頭をひねって、議論のある所であろうが、
全然関係おまへん(・_・)...ん?
見ての通り、日本海の夕日の写真である。
ちょっとペッタンコして、遊んでみたかっただけやねん。
すんまへん(^^;)(アホなことすんな、こらぁ~~~~~~!)

*** 直腸ヘルニア

これは、私にとっては初めての症状であるが
直腸ヘルニアも鼠径ヘルニアも同じ事である。
要は直腸が膣内に飛び出しているということである。

脱腸だと外見からも、触ってもその存在を確認出来るが、
この場合は、そうはいかないだけである。

要は直腸を元の場所にお帰り願えば良いのである。
そうすれば、これが原因で起こる便秘はなくなる。
後は傷口の回復をまてば、完治と言う事である。

この詳細については1/30 医師の論理で詳しく書いたので
ご参照願いたい。
と言う事で、写真を貼りたい為に?
即ち、テストの為にこの一文を書いた。(・_・)...ん?

人気ブログランキングへワンクリックお願い致します



続きを読む »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。