スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

怪我の功名、視力回復

hayasiDSC00665.jpg

女子11歳、オスグット病と言う事で治療に来られた。
他に、アレルギー性鼻炎、喘息、左目が見えない(左0.7右1.2)
腰痛、便秘。
聞くと、4歳くらいのときに階段の最上段から下まで転落したことがある。

腰痛も膝の痛みもなくなった。ただし、オスグット病ではない。全く別の原因であった。

鼻炎、喘息はすぐには治ったかどうかは不明であるが、最後に頚椎の異常が非常に問題であることを告げると、急に目が悪くなったという。

そこで、治療して目の見え具合を確かめさせてみると、左右同じだという。お母さんが驚いて、本当に同じなの??
うんと答えて再確認してみたが全く同じだという。
視力回復が一度の治療で解決した例である。

人気ブログランキングへワンクリックお願い致します

スポンサーサイト

テーマ : 病気・症状 - ジャンル : 心と身体

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。