スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鼠径部の痛み

14歳 男性 中学生の方でサッカーの練習中にロングシュートの練習を7回くらいやっていたら急に右膝を上げると右鼠蹊部が痛くなった。真っ直ぐあげても痛みはないが少し左に向けてあげると痛い。2日経ってもよくならず翌週にサッカーの選抜でブラジルに行くのでその前に治してほしいと来院された。

挟定、損屈、指頭静圧、指撫法などをやった後、自動動作法をするとその時は痛みがなくなるが離すと痛くなる。還元法も痛い。いろいろやっても痛みが取れず先生に質問しました。

回答
筋肉の疲労がひどい。挟定、損屈、指頭静圧、指撫法、還元法、三方をする。

→三方で肩口に向けてすると痛みがあるのですが
痛みのない方向ですればよい。

結果
再度長めに挟定、損屈、指頭静圧、指撫法、三方をやったがあまり変りませんでした。

疲労がひどく一度では取りきれない旨を話しその日は終了しました。4日後、2回目に来院された時には鼠蹊部全体からASIS周辺だけの痛みになっていた。同様の手法のあと、自動動作法をすると痛みはなくなるが手を離すと痛みは戻った。足縛り~法を思い出し、鼠蹊部にタオルを少しきつめに巻き、膝を上げてもらうと痛みはない。5回くらい上げた後、タオルを取った状態で上げると痛みは治まりました。いろいろな方向で何度やっても痛みはない。念のためさらしを持って行くよう話し終了しました。

山田先生ありがとうございました。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
新潟県三条市直江町2丁目2番24号
な ご み 自 然 形 体 院
TEL(0256)33-7530 鈴木 孝一
HomePage http://www.nagomi-s.jp
mail suzuki51@shizenkeitai.co.jp
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

人気ブログランキングへワンクリックお願い致します

スポンサーサイト

テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

鼠蹊部痛、大腿前面のピリピリ感、他

694baras.jpg


男性 42歳 営業職(15.6年)

症状: 両肩こり 両腕の痺れ 目のかゆみ・涙目 右腰の痛み  右そけい部痛と挟まっている感覚、左右大腿の前側の     ピリピリとした痛み 両足の痺れ 両足裏がくすぐっ     たい。そけい部に何かが挟まっている、または痛みと、    右大腿前側のピリピリとした痛み。足が痺れる。
    色々と試みたが取れず、かなり困惑して質問しました。

答え  膝を立て、内側広筋、後ろ側二等筋を掌底で下から上に    静圧する。また、同時に挟定20秒くらいする。

    施術中にピリピリ感と、そけい部痛、痺れ、などを患者    に言われるが、一遍には治らないので、まずは出来る部    分からする。少々痛みを言われながら施術しました。

    殆ど毎日の施術で、そけい部の挟まり感も少なくなり、    大腿のピリピリ感も薄くなっています。患者さんにも自    己療法で静圧を教えてやってもらっています。
    かなり回復中です。
    身体の使い方が結構乱暴で、入浴では大腿をゴシゴシと    力一杯で洗って居たようです。帰宅時も元気に歩いて行    くので、この頃はそれも静かーに帰って頂いています。

    山田先生ありがとうございました。

    卯田千鶴子

人気ブログランキングへワンクリックお願い致します

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。