スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

目眩、腰痛、息苦しさ

32才 男性 建設業の方、腰痛、息苦しさ、めまいのある方で施術後、腰痛等はよくなったが立ち上がるとふらふらする。立位の頚椎牽引捻転をすると良くなったが右を向いた時にふらふらする感じが残るとのこと。再度頚椎の歪みや牽引捻転をしたがすっきりしないとのこと質問しました。

回答
頚椎の右側の関節突起を押えて動作法をするようにやってみたら。

結果
かなりよいとの事。

数日後、別の女性の方が同様の症状で来院され同様にやったが効果がない。目だけ左に動かすと左眼がブレるようになる。(滑車筋麻痺と眼科で診断された)目尻を下方に牽引した時だけ軽くなるとの事。長めに牽引するといくらかマシになる。

後日、先の方に目だけ動かした際はどうか聞くとブレるとの事。この方にも同様にやってみるとほとんど感じなくなりました。

山田先生、ありがとうございました。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
新潟県三条市直江町2丁目2番24号
な ご み 自 然 形 体 院
TEL(0256)33-7530 鈴木 孝一
HomePage http://www.nagomi-s.jp
mail suzuki51@shizenkeitai.co.jp
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

人気ブログランキングへワンクリックお願い致します

スポンサーサイト

テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

治療後の目眩

DSC02286-hana.jpg

53歳 男性 公務員
肩甲骨 ふくらはぎ 右膝下の痛み 耳鳴り
この症状でみえました。
基幹後 治療台に腰掛けた時症状を訊ねると,肩が少し
と言われたので、肩の可動法をしていると、
すーと力が抜けて前かがみになったので、どうしたのかと
聞きましたら、めまいがするといいました。
ゆっくりの動きで寝かせましたが心配になり
山田先生に、どのようにしたら良いか質問させていただきました。

回答
身体がゆるんで、低血圧の状態です。
手、足を心臓より上にあげてバタバタしなさい。

寝てる状態なのでそのまま 手、足を上にあげやって見ました
汗をかいていました、3回ほどやり、休みました。

前日、車の運転をして神奈川方面に、葬式に行かれたそうです
疲れが一辺に出た感じでした。
30分ほど横になり、顔立ちもすっきりしてから帰りました。

ぐったりした状態なので、自分があわててはと、すぐ先生に
指導をあおぎ 落ち着くことが出来ました。
先生の指導の中で 覚悟を決めて治療にのぞむ と言う
言葉が頭をよぎりました。

山田先生 今年も早速お世話かけました。ありがとうございます。

----------------------------
大石自然形体研究所
電話・・054-635-8525
メール ohishi@shizenkeitai.co.jp
-----------------------------

人気ブログランキングへワンクリックお願い致します

続きを読む »

テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

寝返り時のめまい

1076hana.jpg

46歳、女性、医療事務の方で寝返りの時にめまいがするとの事。

施術中、背中の緊張が凄いので逆腕引き体幹牽引捻転をしようとすると頭が傾いただけでめまいがあった。基幹の型の後、頭を左右に動かしてもらうとめまいはないとの事。少しの時間、頚椎枕をして休んでもらった。その後枕をしたまま顔を左右に動かしてもらったら、めまいが起こった。椎間板や首の緊張のせいではないと思い、診断がつかなくなり質問しました。

回答
頚椎の靭帯が伸びている。それ以上施術しても無駄です。身体を回復しやすい状態にして靭帯が回復するのを待つしかない。

→******は控えたほうが良いでしょうか?
軽く**して小さく***をすればよい。

結果
翌々日の来院時は、寝返りでのめまいはなくなったとの事。振り向いたりした時のめまいは多少あるとの事。その後2回の施術で終了しました。

山田先生、ありがとうございました。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
新潟県三条市直江町2丁目2番24号
な ご み 自 然 形 体 院
TEL(0256)33-7530 鈴木 孝一
HomePage http://www.nagomi-s.jp
mail suzuki51@shizenkeitai.co.jp
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

人気ブログランキングへワンクリックお願い致します

テーマ : 病気・症状 - ジャンル : 心と身体

目眩

664hanas.jpg

目眩は鞭打ち症からも発生する。
頸椎の異状により、平衡感覚に異状を來すのである。その他、病院で自律神経失調症と言われる症状は頸椎の以上によって自律神経の伝達に異状が起こり、結果として、自律神経失調症と病名(ではない)と診断される例は非常に多い。

男子高校生 野球部 幼児の頃の鞭打ち症の後遺症で、寝起きも、プレーの時にも、目眩が出て野球を続けられるか心配していた。
他にも腰痛、両膝痛、野球肘、野球肩があった。頸椎はぐにゃりとS字に曲がっていて、症状はともかく、重傷である。

低血圧に起因する、目眩や、貧血に起因する目眩は血圧、貧血を治せば解消するが、頸椎に異常がある場合は薬でも治らない。

人気ブログランキングへワンクリックお願い致します

続きを読む »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。