スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

むち打ち症

運転中に追突される

33歳 女性 会社員 3/29に運転中に後ろから追突される。

耳鳴り、耳の詰まった感じ、頭痛、肩こり、腕の痺れ 他。
耳の詰まった感じに変化がなく質問しました。

回答
顎関節はやりましたか?
→耳の中に指を入れて口を開けるのや顎を誘導して開け閉めや、還元法をやりましたが変化がありませんでした。

なら、脳内牽引をやってみて

結果
変りませんでしたので再度質問しました。

回答
伏臥位で頚椎枕を額に当てて頚椎の1、2付近を前方へ静圧してみて

結果
C3付近をやっているときは耳の少し中から押し返すような感じになるが、
離すとすぐに戻る為、再度質問しました。

回答
長めにやってみたら
→長めにやったり、捻転を入れたりしましたが離すと戻りました。

それだと靭帯が伸びているかもしれないのであまり深追いしないように。

その日は、そのように伝えて終了しました。


2回目の時、山田先生のブログに同じ人と思われる内容がありましたので聞いてみると同じ人でした。

先生がご覧になり診断はどのようだったでしょうかと質問しました。

回答
頚椎ですね。

→先回と他にどのように施術したらよいでしょうか。

回答
いつも同じとは限らない。
頚椎枕をして仰臥位でやってみたら。

結果
仰臥位で脳内牽引のようにC3付近を前方へ静圧すると
耳の圧迫感は中から押し返すようになり少し楽になる。
長めにやったり、牽引を加えたりしてみましたが離すとすぐに戻る。
もう一度先生に質問しました。

回答
その方は複雑に歪んでいるんだよね・・・。

→では自己療法で体幹のゆがみを取るようにするのはどうでしょう。

そうですね。それと、背中の筋肉を鍛えるように。健康鍛錬法を座位か正座でする。


そのように自己療法を伝え終了しました。

その後、日によって一日のうちに短時間であるが耳が通ることが何回か出てくるようになりました。
継続して施術中です。

山田先生、ありがとうございました。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
新潟県三条市直江町2丁目2番24号
な ご み 自 然 形 体 院
TEL(0256)33-7530 鈴木 孝一
HomePage http://www.nagomi-s.jp
mail suzuki51@shizenkeitai.co.jp
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
人気ブログランキングへワンクリックお願い致します


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療 - ジャンル : 心と身体

むちうち症

49才 女性 背中、首、後頭部の痛み、ふらふらする。気持ち悪い。両手指、両腕、右股関節痛(鼠径部)左頬打撲の痛み、肩甲骨の痛み。

この方はむち打ち症の後遺症で、時々、ボーっとして意識不明に近い状態になる。こうなると治療していて此方が質問しても、殆ど反応しないので返事が返ってこない。
診断のために質問しているのであるから、返事がないと診断の仕様が無く、次の治療に進めない。
初めはその事を知らずに、只考えて返事をしようとしているのだと思った。痛みや症状のあるなしを聞いているのだから考える必要の無いことである。

治療を進めているうちに少しでも動かすと気持ちが悪く、痛くなると言うことなので、全く動かさずに治療した。

最後に頭部に回り、軽く牽引すると痛いと言う。それではと験しに頭部を軽く押して見た。やはり同じように痛いと言う。

ここで、やっと痛みの原因が判った。
これは恐らく、以前、理学療法やカイロプラクティック、整体の治療を受けた際に強く捻られたりした為に靭帯が伸びてしまっている症状である。又、椎間板自体も弾性を失い、簡単に伸縮して、神経に影響を及ぼしているためである。

そこで、出来るだけ椎間板や靭帯に影響を与えない手法を使い治療を終えた。起きた状態でどうかと聞いて見る。
痛みはありませんと言う答えが今度はすぐに返ってきた。

非常に稀な例であり、原因を解明するのに手間取ったが、最後に一件落着である。
日常生活の指導をして終了した。

人気ブログランキングへワンクリックお願い致します

テーマ : 美と健康! - ジャンル : 心と身体

むち打ち症、首痛、肩凝り、歯の噛み合わせ

20才 男性 学生 上記のほかに頭の重い感じがある。
小学4年生の時、跳び箱で飛びすぎて首から落下し、首を打った、一時症状は治まったが中2の時に首痛、右肩痛で日常生活に支障がでて、2年くらい続いている。

その後、医者めぐりが始まり、整形外科~大学でMRIを撮ったが原因不明で背骨が湾曲していると言われたが、症状は精神的なものと言われている。
整体もしたが効果なし。

インターネットで検索して、来られた。

1回で全てが解消し、大喜びで帰られた。
どんな治療をしても治ったことはなかったと言う。

全てのむち打ち症が1回で治ると言うことではないが、少なくてもその場で症状は改善する。
後は、それが長持ちするかどうかである。
当然ながら、その場で症状が無くなっても、原因が重ければ、完治するまでに時間がかかる。

車の修理でも、単にサイドミラーが壊れた場合とエンジンの本体が壊れた場合とは修理に時間がかかるのは当たり前のことである。
治るにしても、時間の差は仕方の無いことである。
しかし、時々、こうした当たり前の常識が通用しない人がいるのは困り者である。
人間は活きている限りは必ず治る。何故なら、1年も経てば全身の細胞は新しく入れ替わっているからである。
治らないのはその方法が間違っているからである。

人気ブログランキングへワンクリックお願い致します

テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

むち打ち症について

昨日の朝のNHKでむち打ち症の番組をやっていた。
現代医学はいまだにこの症状の原因を解決できないでいる。
歌手の岩崎宏美さんもむち打ち症で苦しんでいると言う。

番組の中でむち打ち症の患者が5箇所も病院を回り、診断が全部違っていたと言う。
中には心因性だの、筋緊張性だの、問題ないだのという診断もあった。
心因性とは気のせいだという意味である。

原因の無い症状は無い。症状は結果であり、結果は必ずそれを引き起こす原因がある。
これは、科学の常識であり、小学生でも判る理屈であるが、お医者さんには判らないらしい。

結局番組の中でむち打ち症の原因の一つには脊髄液が尾骨の辺りで漏れるのが症状の原因であると言う、最新の理論を紹介していたが、全てがそうであるとは限らないし、まだそうした診断は一般的には知られていないと言うことだった。

仮にそうした漏れが原因だとしても身体が健康になればその漏れは収まる。手術などする必要は無いのである。
昨日の事で一部記憶の間違いがあるかも知れないが、もし、同番組を見ていた方が居られたら、間違いがあれば御指摘ください。

人気ブログランキングへワンクリックお願い致します

テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

10年前の鞭打ち症の後遺症、首肩腕の痛み

男性 体育教師 10年前の鞭打ち症の後遺症で首、肩、腕の激痛、腰痛

整形、鍼灸、整体、カイロプラクティックとあらゆる治療法を試したが全く症状は改善されなかった。
腕も痛くて挙がらない。

治療開始数分で腰痛が解消。背中の張りもなくなり、腕、肩の痛みも首の痛みも完全解消。
「オーッ、魔法のようだ!」「えーっ、全然痛くありません。」

鞭打ち症の治療は自然形体療法では、遥か昔に確立されている。
しかし、患者には新鮮な、強烈な驚きである。
10年間もの痛みに耐えてきたのである。
良かったですね!

どうにかして、この治療法を早く広めて、多くの人の苦痛を救いたいと思う。

人気ブログランキングへワンクリックお願い致します


テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

むち打ち症

708hana.jpg


25歳  女性  事務員(水産会社)
症状:4.5年前に事故 おととしの7月に前に追突
   去年の8月に後ろ斜めから追突される

   去年の事故で左股関節を打撲しピリピリした痛みがある。
   大腿前後に痛みツッパリがある。
   頭痛(後頭部、こめかみ)めまい、肩こり、背中のはり、腹痛、
   吐き気、食欲が無い。
   股関節の痛みが強く、それ以外の症状は気にならなかった。
   自然形体で治療をするようになり、痛みは無くなってよくなって   いるのは分かるが、気持ち悪い、めまいが出て、どんどん悪くな   っている気がする。

と言われたため、治療が終わってからの様子を細かく聞きました。

昨日の治療の後の様子 9:30に治療
帰宅してから風呂に2.3回入る。
食事も美味しかった(沢山食べられないので、お粥を食べた)
首から頭の症状が残っていたが2回目に風呂に入った後は楽になった。
夕方6時頃から足が痛み出し、食欲が無く、食事の後は気持ち悪くなった。
3回目の風呂に入った後、めまいがして、もやもやとして落ち着かなくなった。
胃のところがドクドクとして気持ち悪く、身体が熱っぽくなり、
力が入らない、身体がピクンとなる。目がさえて眠れない。

質問:症状を説明し、疲労が出てきてなっているのか、または別の原因   なのかを質問しました。

回答:いつもですか?治療した日だけですか? ⇒ 治療した日の後が   特になる。
   治療の後、良くなるが夜になると戻ってしまうためです。
   戻りすぎ変動が大きい。治療を続けていれば無くなる。
   今はしょうがない。
   頚椎の牽引を軽くするように。

質問:一通り治療を終えましたが。身体が熱く大腿と足先、両腕がぴく   ぴくする。
   身体がぐったり重くなって動けない。どのようにしたらよいか質   問しました。

回答:疲れが出ている。もう少し治療すれば良くなる。

   何をしたら良いのかには、もう一度同じ事をすれば良い。

結果:再度、治療をしました。
   今までに経験した事のない症状で不安になり、このまま死んでし   まうかと思ったと、治療をする間、不安で泣いていました。
   治療が終わる頃には、悪いものが身体から出て自分ではないみた   い。
   別の人のようだ。身体のぴくぴくがなくなり、身体の熱っぽさも   取れて楽になった。と、仰っていました。 
   私から見ても別人のようでした。

質問:また、同じように戻ってしまうと不安なので
   どうしたらよいかと聞かれましたので質問しました。

回答:戻ってしまうのは仕方が無い事。治療を続ければ無くなる。
   肋骨を指で押し上げるのを教えるように。

結果:自己療法を教えて終了しました。

山田先生、何度もありがとうございました。

寺田自然形体研究所  寺田千恵美

人気ブログランキングへワンクリックお願い致します

鞭打ち症

605hanas.jpg


名古屋の堀田です。

 22歳女性。ウエイトレス。2年前から首が重い。
 首が後ろに引っ張られる。目がかすむ。頭が
 ボーとする。左肩がハル。膝、足首がだるい。

 4年前交通事故に遭い。(自転車対自動車。本人
 自転車。)両足の打撲。手首の骨折。一週間くらい入院。

 2年前ぐらいから前記の症状が出てきた。
 施術するがハリが中々取れない。ので山田先生に
 質問した。

  回答

    筋肉が縮まっているので、長めに横引をしなさい。

  長めに横引をしたところ、時間は少しかかったが、症状は
  はなくなりました。

人気ブログランキングへワンクリックお願い致します

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。