スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

停留睾丸ー2


睾丸は自分の意思で引き上げて置くことができます。以前の事ですが、戦いの訓練の際、急所を蹴られた場合を想定して、睾丸を引き上げて鼠蹊部より上に位置させることを訓練したことがあります。慣れると簡単に出し入れできるようになります。

この状態と同じことが起こっただけですので、下腹部の緊張を取れば陰嚢に納まります。(^^;)
こうすれば、股間を蹴られても悶絶することはありません。
女性には関係のないことですが…。(・_・)...ん?

人気ブログランキングへワンクリックお願い致します

スポンサーサイト

停留睾丸


静岡の鈴木です。症例報告いたします。

1歳半 男児 1歳半の検診で診断。

【症状】
睾丸が降りず、左は鼠径部に、右も少し上部に位置。
小児外科で要手術。
【治療】
2回の治療で正常な位置(陰嚢内)になったが睾丸の
大きさに左右差。左が右の半分以下。

問題ないか山田先生に質問。

【回答】
腹部の緊張により、圧迫され栄養が行き難かった。
1ヶ月程度で正常になる。多少左右差はあるもの。

家族に伝え終了。

山田先生ありがとうございました。

               周南自然形体  鈴木 賢

人気ブログランキングへワンクリックお願い致します

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。