スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手首が痛く、手首がぐらぐらする感じで

15才  高校1年 男子 
手首が痛く、手首がぐらぐらする感じで


部活で卓球をやっている。

卓球の練習中、特に最初の15分ぐらい右手の(ラケットを持つ手)
手首が痛く、手首がぐらぐらする感じでラケットの向きが定まらず、
ボールが入らない。

大会の時は十分な練習時間がないまま試合に臨むので、今年に
なってから初めての大会では、実力を発揮できないうちに1回戦で敗退。

手首の痛みは取れましたが、次の日大事な試合があるので、
手首がぐらぐらするのをどうしたらよいかわからず、質問しました。

解答
手首の筋肉がゆるんでいるため。
腕立て伏せをやればよい。


結果
翌日、必ず腕立て伏せをするように言って送り出しましたが、
その日は、朝から調子が良かったそうで、腕立て伏せはやらなかった
とのこと。

ここ数週間も訴えていたので、対処方法がわかってよかったです。


山田先生、ありがとうございました。


♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪   

  秋田県湯沢市関口字関口15-2 
  コスモス自然形体院  小松 尚子

  TEL 090-5596-4792
  ホームページ  http://www.cosmos-shizen.jp/
  ブログ       http://blog.goo.ne.jp/koma1958/
   メールアドレス   sk-357@kdt.biglobe.ne.jp

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
人気ブログランキングへワンクリックお願い致します




スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療 - ジャンル : 心と身体

tag : 痛み

足関節の痛み 靭帯損傷

17歳 男子 サッカー選手

12月下旬ごろサッカーのプレー中、ジャンプした後に捻りながら転倒。

症状)

・右足に体重を乗せて踏ん張る時(後ろ体重で足関節底屈位、小指側に体重かけた時)

・思い切りボールを蹴る時

・圧痛、腫脹が足関節外側にあり

初回、治療により痛みが取れるが、練習をしたらまた戻る。


踵の動作転位時に痛みが止まるが離すと痛む。

2回目の治療で質問しました。


回答)

踵の方がめり込んでいるかもしれないから、

底屈位で膝の下に自分の足を入れて引っ張ってみて。

結果)

200回ほど行うが、変化なし。


回答)

踵の動作転位を角度を変えて、やってみて。(小指に体重かけた時だから)

結果)

変化なし


回答)

痛いところを挟定して動作するとどう?

回答)

変化なし


時間も無くなり、靭帯が伸びきっているのかと思い、

足首の専門の整形外科に行ってもらいました。

切れては無いから脛腓靭帯、前距腓靭帯、踵腓靭帯が伸びきっているので

腓骨筋、腓腹筋の筋トレと専用のサポータで様子を見てみましょうとの事でした。


ちなみにスキーで傷めた半月板損傷で初回で痛みは取れたが、

次の日痛みが戻ったという例がありました。


MRIでは靭帯問題なしでしたが、もう一度違う病院で

同じMRIを持っていってもらいましたが、完全に前十字靭帯が断裂していました。


以前山田先生から2骨間まで行ってダメで、

膝の皿の上が腫れて取れない場合は靭帯が切れ掛かっているか、

切れてると言われたのを思い出しました。


山田先生ありがとうございました。

山田先生補足がありましたらよろしくお願いいたします。


村上

補足 膝はサポーターをしないほうが早く治ります。

軽い筋トレを痛みの出ない範囲で行ってください。


人気ブログランキングへワンクリックお願い致します



テーマ : 医療・病気・治療 - ジャンル : 心と身体

tag : 痛み 足首の痛み 靭帯損傷

両手首、両足首の抜けるような感じ

症例報告より

こんばんは、川又留美です。
山田先生の患者さんを治療研修させて頂いた時の症例報告です。

27歳男性。職業ダンサー(1日8時間程ダンスをする)

4月上旬に、右腰の張りの治療で来院。
1回目は板垣先生。2回目は山田先生の施術。3回目の来院でした。
=3回目の症状=
踊って疲れた時に右腰の張り。大胸筋(右)の筋肉痛。胃が荒れる。右膝正座しづらい。両肘16年夏にぶつけてたまにジーンとした痛み。肩甲骨(左)体を捻ると痛み。両手首、両足首の抜けるような感じ。

<右大胸筋の筋肉痛>
基幹の型。前胸部指頭静圧動作法、後背部頚肩部指頭静圧動作法を行う。
腕を大きく回す、腕立て伏せの時に痛みがあるというので動かして腕立て伏せしてもらった所、少し軽くなったがまだ痛い。
仰臥位で腕を上げて横引きを行う。(大胸筋というか脇の下、前鋸筋?)
また同じく動いてもらう。痛みは変わらない。

そこで山田先生に質問しました。
・ただの筋肉痛だから腕を上げて痛くなる寸前の位置で止めて横引きしてみて。
また同じく動いてもらう。痛みは変わらない。
・肩甲骨を取ってみて。
肩腕連動動作法を行う。
また同じく動いてもらう。痛みは変わらない。

◎ここで山田先生が交代して下さいまして。◎
山田先生はただ横引きして治していました。
腕立て伏せをしても痛みは無くなったのですが、腕立て伏せの仕方を見て胸の筋肉を痛める原因がわかったそうです。
・腕を肩幅より広げて腕立て伏せをしたので無理な力がかかって痛める。
 肩幅で行えば良い。
なぜ筋肉をつけたいのか?質問に対し。
*ダンスで女性を受け止めたりするのに筋肉をつけたいので腕立て伏せしていた。
という理由でした。
・ダンスで受け止める時に使う筋肉は、腕立て伏せで使う筋肉ではないので(伸ばす動き)  
 自分に引き寄せる筋肉をつけた方が良い。
 バーベルなど軽いものから始める。

<両手首、両足首の抜けるような感じ>
この症状はめずらしいので症例出しておいて。という事です。

・両手首、両足首とも靭帯が伸びている。
 足首は、よく捻挫をするため靭帯が伸びた。
 手首は、自分が踊るのに精一杯で相手の動きに合わせられないので手首を痛める     
 靭帯が伸びているので筋肉をつけてカバーした方が良い。
 手首、足首。上下に動かす。
 自分で頑張らないと治らないとアドバイスしていました。

<右膝正座の痛み>
最後に正座してもらった所、膝の裏に重さが残っている。
動作法で治りました。
<両肘>
両上肢挙上伸張法(呼気で回内する手法。かなり前の手法なので名前が思い出せないと言っていました)を行っていました。

施術後
私はポイントがずれていてポイントをきちんと押さえなければ治らない。と言葉を頂きました。はい、もっと筋肉をきちんと押さえれる様に練習します。

長くなってしまいました。
山田先生の治療レポートみたいになってしまいました・・・
山田先生ありがとうございました。

川又 留美

人気ブログランキングへワンクリックお願い致します

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。