スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

喘息

喘息

4歳 男子 喘息

2歳の頃から喘息が酷くなる。季節の変わり目は特にひどい。毎晩吸入器を使用。
小児科には1週間に1回、吸入器に入れる薬をもらいに行く。咳をするときに時々
嘔吐したり、お腹がよく痛くなる。乾燥しているときも咳が酷くなる。

治療中は1回も咳は出なかった。

月に2回ぐらいしか来院できないので、自宅で何かできることはないか質問した。

回答:指撫法で背中、胸、首の周りを行う。
    仰臥位で両手を上方に牽引して、肋骨を引き上げるようにする。
    その際、患者は上を見るようにする。
    肋骨を広げる習慣をつけるようにする。

  →頚椎にペットボトル。。。。。。これを説明したのですが。。。

回答:4歳の子だから、まともにじっとしていないので、これはしなくてよろしい。

お忙しいのにありがとうございました

**********************************
  田中 昭則
  http://www.nagasaki-sport.jp/
  nagasaki@shizenkeitai.co.jp
  TEL 095-881-1918
  〒851-2106
  長崎県西彼杵郡時津町左底郷87-1
*********************************

人気ブログランキングへワンクリックお願い致します

スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療 - ジャンル : 心と身体

tag : 痛み

喘息、小児喘息

20050206104943.jpg


喘息は苦しい。子供でも、大人でも、咳き込んで、まるで際限なく、咳をする。というより、させられている感じである。
現代医学も漢方医学もこれにはお手上げの状態である。
ただ、ひたすら症状を軽減する事のみに努力を傾注している。

私が、喘息の原因を解明してから久しい。
今までに治らなかった例はない。

解明した原因は、普通に疑問を持って、推論しただけである。
ぜーぜーの音の原因は?咳の原因は?
この樣にして、少しずつ核心に迫って行く。

眠いので続きは次回に…。

続き、
現代の様に科學機器が発達した時代に、未だに病原菌や原因が
特定されていない病気や症状が数多くある。
それらは、難病と称されて、症状がその代名詞になっている。
~炎、~痛、~症、~症候群、等である。喘息も同じである。

人気ブログランキングへワンクリックお願い致します

続きを読む »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。