スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

料金改定の経緯

料金改定の経緯


料金改定の経緯


初回 30,000円 再診 20,000円 を

一気に6分の1、4分の1の 5,000円に下げた理由について


 開業当初は2,500円で始めた料金を値上げした理由は理論的技術的進歩が

原因でした。

平成4年9月末に新潟で開業当初は¥2,500円と初診料でした。

開業当初は、チラシを撒いて1~3人程度だった患者数が

口コミで毎週倍ほどの人数が増えて行きました。


最終的に最初の 1ヶ月で470人位の延べ人数でした。

それから患者数は毎月200人位増え続け、12月には1,000人近くになりました。

この頃の治療時間は平均して5~8分

毎月平均すると800~900人位の治療実績が続きましたので、流石に体力が持たず

水曜と土曜は半日を休みにしました。

それでも平均800人位の実績が定着していました。


ところが評判が立つにつれて、だんだんと簡単には治らない難しい症状が増え

時間もそれなりに掛るようになりました。


そうすると施術料を上げなければならなくなり、5,000円にしました。


10,000円にしたのも同じ理由からですが、この時には別な理由もありました。

他の治療と比べて理論も技術も格段に違うのに同じ程度の料金はおかしいと思ったからでした。


こうした経過がある中で、睡眠不足と長年の過労で体調を崩して全身に痛みが出て来ました。まさに医者の不養生の見本です。

八丁堀から現住所の西日暮里へ移転したのも、部屋の狭さから異常に疲労する状態になり、

明日は起きて立ちあがれるだろうか?という状況になってしまいました。

手のひらと全部の指が激痛で治療で患者さんに触れるだけで針を刺されたような激痛が走り、我慢をしても痛くて思わず手の動きが止まってしまったり、時には足底の痛みで足をつけなくなり、必要な手法ができなくなりました。

別な位置に移動するのも支障が出て、這って移動せざるを得なかったり、痛みを堪えるのに脂汗が出てしまうようになりました。

 これではこのまま治療を継続できないと判断せざるを得ない状況になりました。

治療を継続するか、辞めるかの瀬戸際に到り、治療をやめることは私でしか直せない患者さんの絶望を思いやると、やはり継続すべきだとの結論に至り、それならば継続するには自身の体と相談すると1日に4人前後しか治療できないと判断しました。
その中で経費を捻出するには一人当たりの施術料が¥20,000円でないと無理と判断しやむを得ず初診料10,000円、施術料20,000円としたのです。
施術料をあげると患者数は減りますから、こうするしかないとの結論に至りました。この様な経緯があった後に今までの施術料を決定したのです。

 今回、施術料金を改定したのは、手も足も痛みが大幅に軽減したのが、第一の理由です。

次に新たに治療道具を発明し、その有効性が思った以上に多大の成果を現しました。これだけでは今回の改定には至らなかったのですが、その有用性が人に依存せず、誰が使っても(素人が使っても)ほとんど変わらない均質な有効性を示したからです。

 これほどなら、私が指示して治療を行えば時間の短縮ができ、しかも結果が均質で信頼のできるものでしたから、多くの患者さんを施術できます。
それなら、施術料を値下げしても経費は確保でき、しかも多くの方に喜んでいただけます。こうした経緯で一気に¥5,000円に値下げできることになりました。


こうした経緯に至る私の身体の状況はほとんど?線維筋痛症という状況になってしまいました。

最近の症状を下記に列挙しますと、切りがないほどの全身の症状です。しかしまた、これほどの症状を身をもって経験したために痛みや症状の起因、誘因を解明できたのです。
 
 これ以外にも多くの痛みを経験し、その起因、誘因を解決して来ました。下記はほんの一例です。


1.足底は1cmの厚みの豆腐からできる「おから」をつけているような感覚で歩いても踏ん張ることができず、バランスがとれません。

2.足の指全部の痛み。時々針で突き刺されたような痛みが走ります。

3.足の甲側に火傷のようなひりひりした痛み。酷い時は布団や毛布、ズボンの裾が触れただけで激痛が走り、思わず立ち止まる程です。

続きを読む »

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。