スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

治療家のタブー その2

治療を金儲けの道具にする愚


価値観の相違といえば、簡単ですが、

治療は人を助ける職業であり、助けた結果として

口コミなどで多くの患者さんが来れば、その結果、高い収入になります。

この事は高い職業的知識、技術、知恵の結果です。


目的は患者さんの苦痛を解消することです。

その結果、感謝され、ともに感動が得られます。

患者さんの人生を明るい希望の持てる未来へとつなげることのできる仕事です。

そして自分自身も生きがいの持てる職業なのです。


治療を金儲けの道具にすると次のようなことが起こります。


毎月の収入目標を立てる  普通の職業では当然のことですが
  治療家がこれをやると次のようなことをするでしょう。

  1.目標に満たないと通院を引き延ばして回数を来させる。

  2.無理に予約をさせる。

  3.こうしないと治りませんよと、脅かす。

  4.異常に宣伝費を使う。

  5.収入を自慢する。

  6.持ち物を自慢する。 宝石、貴金属、高級車、家など。

  7.お金で人を判断する。

  8.利益を優先すると治療技術は停滞する。


こうした弊害が起こります。


古今東西の名工も飽くなき技術の追求をしますが、

お金の追及はしません。


収入は技術について来るのです。



自 然 形 体 療 法
有限会社 山田予防医術研究所
 創始者 山田 洋

人気ブログランキングへワンクリックお願い致します

スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療 - ジャンル : 心と身体

治療家のタブー

治療家は
利益追求を主目的としてはならない職業です。


これこそ治療家のタブーです。

人を苦痛から救う、助けるのが治療家の使命ですが、

他方で人の苦痛を職業(生活)の拠り所としています。


いわば他人の不幸を生活の糧としなければならない職業です。

一方では人の不幸を救う職業です。


この相反する命題が治療家の持つ宿命です。


これに似た職業が僧侶であり、葬儀屋さんであり、弁護士などです。

理想を言えば、これらの職業は生活(収入)の手段を別に持ち

必要な時に治療をするのが最も望まれる形態です。


経営、経営と称して金科玉条のように金儲けこそが最大の目的となっては

治療家ではなく、治療家もどきか治療屋というべきです。

その心根はあさましい限りです。


こうした治療屋が私の門下から出たことを心の底から恥ずかしく思っています。

治療院の経営は大して経営手法を必要としません。経費と言えば

宣伝広告の費用位です。

どの様に宣伝広告するかは地域によっても異なりますから

その点が経営手法の必要なところです。


存在を一般に知らしめれば事足りるのです。

後は治療の腕が口コミで広まります。


どんな症状の人でも症状を根本から解消すれば喜んで帰ります。

そうなれば、口コミで大きな広がりを見せることになります。


仮に治療費が高くても治療の腕前が収入を支えるのです。

他のところで5回で治すところを1回で治せば事実は安いのです。

それだけではなく、短時間で社会に復帰できて収入も安定します。

時間も無駄に痛い思いをして過ごすことなく健康で快適な生活を

得ることができるのです。


例えば半月板損傷の手術をすると半年間は普通の生活ができません。

費用も保険が適用されるとはいえ40~60万円かかります。

病院は実際にこの金額を収入として得ているのです。

これらは我々の税金で支払われるのですから、自分が払ったと同じことです。

事実は高い治療費を払っているのです。


実費でも短時間で治すことで実際は安いのです。

真の治療家の収入はこうあるべきなのです。

金の亡者として治療を悪用の手段としてはいけません。


使い方により、人のためそして自分のためになる職業であり、

患者さんと共に感動を得られ、

達成感を得られます。


これこそが経営なのです。

経営の強固な基盤は1に技術2に技術です。


自 然 形 体 療 法
有限会社 山田予防医術研究所
 創始者 山田 洋


人気ブログランキングへワンクリックお願い致します



テーマ : 医療・病気・治療 - ジャンル : 心と身体

赤ひげ塾 回復整体 無痛ゆらし療法 からだ回復センター

赤ひげ塾 回復整体 
からだ回復センター 無痛ゆらし療法 


(一部に誤字脱字があったので、加筆、修正しました)

退会した順に並べましたが、真実を公表しないと被害者が出るばかり

なのでこれは捨ててはおけないとは思っていましたが、

私があまりに多忙で時間的、経済的制約もあり、追及しないで様子を

窺っていました。


特に回復整体(APP法、リセット療法、CTCスクーリング法)は

「自然形体」の商標を簒奪しようとするなど、目に余る行為を

平気でやりました。


すでに証拠は十分に集めています。


ここに来て公表を始めたのは

これ以上の嘘の宣伝による被害者を増やさない為でもあります。


自然形体療法の研究会を立ち上げた当時は最初だけ

有料の10,000円でしたが、
 
そのあとは受講料無料の時期がありました。


しかし、経費はかかりますので、受益者負担の観点と無料だと勉強意欲が

ない人まで参加してきました。


これでは教えても意味がないので次に3,000円にしたころに

剣持甲子郎先生が参加して来ました。後に退会して(赤ひげ塾を開始)


このころから自然形体で学んだ事を教えてもいいですか?と

聞かれて、いいですよ、ただし私よりも高い受講料をもらっては

ダメだよと言っていたのに

私よりも高い受講料を徴収し、1週間で受講料 50,000円などとして

講習会をやっているのが私に伝わり、これではだめだと入会金制度を

導入したのです。


入会金を三十万円にすることにしたら、途端に退会しました。


その後赤ひげ塾を始めたのです。


治療は科学ですから、再現性があるのは当然のことであり、

なければ科学的とは言えません。

理論も当然の如く進化するのは科学であるが故です。


退会した弟子たちが理論や技術の面で進化しているとは

HPを見ると到底思えません。


治療を職業とする上で、大事なことは理論と技術を磨くことであり、

来られた患者さんの症状を少しでも早く完全に解消することが

第一の目標でなければなりません。

科学的理論に基ずいた治療技術を磨くことこそ本分なのです。

収入は治療の実力の後からついてくるものです。


経営、経営と口走るのは金がほしい、金がほしいと言っているのと

同じことだと私は常常弟子に言っています。


最近の社会の風潮のなせる業なのか?


治療家は一種の職人です。


誇りと職業的良心、知識と技術にもとずく自信と矜持が必要なのです。


経営という名を隠れ蓑にして、

経営=金儲けを声高に言い募るとは良心のかけらもないのでしょう。


以前に剣持甲子郎先生も

「楽をして金儲けをする本」?を出版していました。


技術と名のつくものは常に技術が主であり、

経営は従なのです。



自 然 形 体 療 法
有限会社 山田予防医術研究所
 創始者 山田 洋

人気ブログランキングへワンクリックお願い致します

テーマ : 医療・病気・治療 - ジャンル : 心と身体

自然形体療法成立の歴史

過去に自然形体療法を受講した先生達

長年の懸案であった自然形体と他の療法との関りを説明します。

ネット上で噂の絶えない自然形体療法の成立過程と歴史及び
自然形体療法を学んだ後に別な名前で教えている主だった先生方は
下記の通りです。
以下の先生方は元々は私の弟子です。
但し、これらの自然形体療法の手法を教えることを私は認めていません。

自然形体療法は難しく、1か月も経つと自分流に変形するからです。
しかし、少々下手でも痛みなどの症状はその場で消失します。
私はしんそう療方の林 宗駛先生からは10種類位の手技を習いました。

しんそうの研修会に参加したのは平成4年9月から平成6年1月までです。

当時は月に1個の手技を学びましたが、2,3回重複する手技もあったので、
合計17回参加しても勉強した手技の数は10程度でした。
理学整体 の酒井 先生は元しんそう療方の出身です。

酒井先生がしんそう療方を退会し、理学整体を立ち上げた時、
一時私も理学整体に理事として参加していました。
聞いたところによると、しんそう療方 の林崇馳 先生は

手技研(手技研究会?)の藤原雪修先生の元弟子であり、

兄弟弟子に東京の山口先生がおられます。
山口先生の勉強会には私の妹を勉強に行かせていました。

手技に多少の違いはありますが、
ほとんど同じと言って良い様子でした。
藤原整体(手技研)→ しんそう療方 → 理学整体
藤原(手技研)→ 東京―山口先生 → 自然形体療法

の流れになりますが
自然形体療法は理論、手法共に全く独自の発展を遂げたものであり、
以上の流れとは理論も実技も全く別の治療法です。

しんそう療方も理学整体も又他の治療法(カイロプラクティック等)も
すべて身体の歪みが痛みの原因だと考えていますが、
それは神経痛だけです。

自然形体療法のHP上で理論、手法、痛みの原因を公開しました。

本にも掲載している治癒理論48種類と痛みの原因24種類、

それと約5,000種類の新手法は

他の治療法の流れを汲むものではありません。


毎月数十種類の新手法の創案は研修会で公開することが多すぎて
指導するのが困難な数になっているほどです。
私の創案した手法は現在では5000種類に及び、
しんそう療方で習った手技は10数種類で、
似ているものは数種類あっても今では全く使っていません。


痛みの原因は神経痛だけではなく、他に24種類もあります。


オスグット病や半月板損傷の治療法は「動作法」で解消できます。

これを発表したのは平成10年5月です。

その後も膝関節の症状に対する研究は進み

今では数回以内で完治したと言える程になっています。

自然形体療法を学んだ流れとして

下記の各先生が別な名称を使用して教えています。

自然形体療法総本部の公認している学校は

日本自然形体療法総合学院と手技ネットがありますが、
手技ネットの名称は既に使用していないのにネット上ではなお、残っている状態です。

私の創案した手法をあたかも自分で考案したように主張し、

経歴を詐称している状態は看過できませんので、公開に踏み切りました。


1.赤ひげ塾
   剣持甲子郎 先生

    自然形体療法の研究会に参加していた時は
    
    有限会社 丸信商会(物産)を経営しており、
    
    足湯の器具やサプリメントを全国各地に営業に行き、販売していました。
    本人曰く、その当時は鍼灸はやっていないと言うことでした。

    事実は平成7年3月~8年10月まで自然形体療法研究会に参加していました。


ところがHPには下記の記述があります。

昭和54年 はり師・きゅう師免許取得以後、鍼灸治療のかたわら整体の理論を研究し
「バランス活性療法」「バランスチェック」を創案。

平成8年から一部の治療家を対象に研修を開始し~~
   http://www.akahigejuku.com/gaiyo.html


自然形体活生法が正式名であったのです。名前が似ています。


テキストの内容もほとんど私が教えたものと同じ内容であり、手法の名称も同じです。

剣持先生の本にも私がつけた手法の名前が下を隠して掲載されています。
================================

    
2. 日本回復整体総合学院
 旧 アカデミーボディスクール(略称 ABS)
   小森 秀信 先生
   小森 やよい先生
   村松 幸彦 先生
 (村松先生は現在のHPに載っていないので分裂したのでしょうか?)

    小森 秀信 先生は警察官を辞めて整体を勉強した後に

    自然形体療法を学び始めました。

    平成17年6月に退会するまでは自然形体療法で治療しており、
    急に回復整体ができた訳ではありません。

    当時から使っていた
    有限会社 小森自然形体研究所の名称は現時点でも
    電話帳に載っています。

   またHPでも下記URLのマピオン電話帳に掲載されています。
   http://www.mapion.co.jp/phonebook/M09010/22226/0548225072-001/

   登録商標「自然形体」を小森先生の経営するスリーオン有限会社が出願!
   厚顔無恥と言うべきでしょう。

   長年私が使用していて登録はしていなかったにせよ、弟子が師の商標だと
   知っていて出願するとは!

   幸い、拒絶理由が平成20年 1月18日に出され
       拒絶査定が平成20年 4月18日に決定しました。


==================================

3.からだ回復センター 千田  厚 先生
良くなるネット 千田 郁乃 先生

  オスグット病を解決する方法は私が諸先生に教えたものです。
  千田先生が考え出したものではありません。

  少なく見積もっても、
  今までにオスグット病の治し方を教えた先生は200人を下らないでしょう。

  私は世界ではじめて動作転位という症状を発見し、

  その解消法として動作法を創案しました。

動作法は論文としてイオンド大学の紀要に掲載されました。

それ以前の平成10年5月に創案し治療法として公表し、確立したものです。

下記の千田先生のHPオスグット研究所の記述は下記の通りですが、
治療の後に走らせて見て確認するのは昔から私がやっていたことであり、
下記の記述が真実ではないことを示しています。


以下、千田先生のHPから抜粋
=================================  

たぶん、治療のあとに走らせることをする。日本で、世界でも、ここだけだと思いますが・・・・・・
________________________________________
その理由は。
オスグット研究所では、オスグット症状が、よくなる過程を知り尽くしているからです。
いまのあなたのお子さんのその症状は、昨日、今日で作られた体ではありませんよね。
その点についても、説明しながら、症状をとるところは、たぶん。
わたしどもの研究所だけだとおもいます。

※走ってはいけない人もいます。それは、股関節に症状があるひとです。
それ以外は、走って確認をすることがあります。します。

投稿者 オスグッド研究家ちだあつし : 2005年03月01日 17:02
オスグット研究所は、所長ちだあつしが、2003年から「施術+家庭での生活方法と
親御さんによる改善法」の研究を重ねて2004年より「一般施術+お子さんと
親御さんへの改善指導」をしています。

先日、某テレビ番組より「オスグットのホント」についての質問を受けました。
多くのお子さんとご家族に正しい情報が伝わればと思い、説明させていただきました。
(そのうちにテレビに当所の名前がでるかもしれません)
なお、「○○のオスグット研究所と関係がありますか?」とご質問いただきますが、
当方は全く存じ上げませんのでご承知おきください。
________________________________________
======================================

自然形体療法では
オスグット病や半月板損傷、断裂などの研究は当然ながら、当時よりもはるかに進み、
完成されたものになっています。
私に限って言えばほとんどは1回で痛みは解消し、その場で走れるようになります。

====================================


4.ゆらし療法 やすらぎ  松永 成主 先生  松永 光司 先生
  「ゆらし」とは「捻転法」のことで単に言い換えたに過ぎません。
  回復整体でも同じ使い方をして言葉を言い換えていますが、
  これは平成3年に私が創案して大きく発展させた治療法の一種です。

  しかし、身体を揺らすだけでなんでも治るわけではありません。
  
  理論も痛みの原因も多くあり、治療は鍵穴と鍵の関係をまったく同じで
  ある種の症状を根本的に解消するには
  
  原因と解消法がぴたりと一致しなければ治らないのです。

  理論と手法は誰にも教えてはいけないと言う契約で誓約書もあるのに
  松永父子は同一の治療院でいながら、

  松永光司先生(恵比寿療法院 院長)は教えています。

  父上である松永成主先生(恵比寿療法院 理事長)が自然形体を退会しても

  松永光司先生(恵比寿療法院 院長)はそのまま、1年半も自然形体研修会に
  在籍し続けていて情報を取得し続けていたと言うことになります。(下記参照)

 平成10年 5月   松永光司先生(現恵比寿療法院 院長)が研究会に参加
 平成10年 5月   松永成主先生(現恵比寿療法院 院長)が研究会に参加

 平成10年 5月   動作転位と動作法を研修会で発表

 平成18年 3月   松永成主先生(恵比寿療法院 理事長) 退会
 平成18年10月   無痛ゆらし療法 商標出願 、松永 信雄 先生
 平成19年 8月   松永光司先生(恵比寿療法院 院長) 退会

 平成20年 8月   無痛ゆらし療法 出願 、松永 信雄 先生

================================



自 然 形 体 療 法
有限会社 山田予防医術研究所
 創始者 山田 洋


人気ブログランキングへワンクリックお願い致します

テーマ : 医療・病気・治療 - ジャンル : 心と身体

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。