スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

登校拒否 不登校 ではなかった


11才 小学生 男子 全身症状 ムチウチ症、じんましん、アレルギー性(紫斑病鼻炎)、毛のう炎 リンゴ病、嘔吐、下痢、腹痛、身体のだるさ

上記の原因不明の病気で登校できず、不登校は親のせいだと言われて辛い思いをしていた。

こうした不登校の問題は現代医学では原因すら不明で周囲や

学校の先生にも誤解される事が多く家族は色々な噂に苦しんでいる。


これらの症状は大抵が鞭うち症で、

過去に骨折、頭部を強打、尻もちをついた、どこかから落ちた、何かにぶつかった、
後ろから肩を叩かれた、追突された、等の事故を経験していて

しかもそれが原因だとは思ってもいない場合が多く
病院でもそれが問題の本質だとは考えていないのです。

当初は大した事もなく忘れてしまっていて、
年月を経るに従って首のずれが酷くなって発症するものです。

首のズレは時々正常になったりすると元気になり、すっかり忘れがちです。

しかし、また何かの拍子で再発し、、、という繰り返しでだんだん悪化します。

この子の場合は来年の花見のころまで生きていられるのかしらと

お母さんが思うほどの重症でした。

最近、長男の治療に来られていて、当時を述懐しておられました。

下記動画参照ください。
http://www.shizenkeitai.co.jp/movie/muthiuthi001_t2717.mov

この時の1回の治療で完治し、それ以来、家が壊れるかと思うくらい暴れるほど

元気になり、家族もびっくりしているとのことでした。。



自 然 形 体 療 法
有限会社 山田予防医術研究所
 創始者 山田 洋

人気ブログランキングへワンクリックお願い致します

スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療 - ジャンル : 心と身体

tag : 痛み 紫斑病 鼻炎 全身倦怠 毛のう炎 リンゴ病

登校拒否、不登校

小中高の子供達が原因不明の症状を訴えて苦しんでいます。

その結果朝は起きることができず、体調も悪くなり、
頭痛、めまい、吐き気、食欲不振、関節の痛み、集中力の欠如、イライラ、などで気力が湧き出ず

学校にも行けず、結果として
「登校拒否、不登校」の烙印を押され、親のしつけが悪いだの甘やかしすぎだのと
たいていはお母さんが責められます。

昨日はそれが原因で追い詰められたお母さんが自殺したと聞かされました。
なんとお気の毒な…。

しかし、子供さんのこうした症状は親の責任でも、甘やかしすぎでもありません。
ましてや本人の。

これらの原因のほとんどは「鞭うち症」です。
症状が全く同じだけでなく、その原因はさかのぼれば必ずあるのです。

そして頚椎に異常が見られます。
それが、全身に影響しています。


頚椎を正常にするとこれらの症状は嘘のように消えてしまいます。
身体が楽になり、、姿勢もしゃきっとして元気溌剌になるのです。

身体が良くなると今までの状況が一変して明るく元気で溌剌とした
子供本来の姿形に戻ります。

学校の先生や保健室の先生にこの事を解っていただきたいと思います。

決して怠けているのでも、やる気とか、気力がないのでもありません。
本当にできなくて本人も家族も悩んでいるのです。

子供さんにとって、親に怒られ、学校で先生に怒られ、
自分の体の異常を誰も信じて貰えないのです。
これほど辛いことはありません。

私は今まで数多くのこうした児童と家族を見てきました。
治療の結果治って喜ぶ姿を数多く目にしてきました。


人気ブログランキングへワンクリックお願い致します


テーマ : 医療・病気・治療 - ジャンル : 心と身体

tag : 登校拒否 不登校

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。