スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

左大腿部外側の痺れ・かゆみと両足母指の変な感覚

左大腿部外側の痺れ・かゆみと両足母指の変な感覚

以前症例報告した患者さんについて、再度質問しました。

①左太もも外側(場所としては腸脛靭帯のあたり)に痺れのような痒みのような感じがする。
これはだいぶ良くなってきたが、外側広筋の中間部分の症状が治療後にはだいぶ取れるが、帰りの車中で戻ってしまう。

(回答)
叩打法と指撫法を長く続けると良い。
それと外側広筋だけが原因ではなく、大腿直筋やハムストリングも関係あるので、そこの緊張・癒着もとること。
また、叩打法のあとに振動を与えるのも良い。

(結果)
時間の関係であまり長くできませんでしたが、前より良くなったということでした。


②左の股関節(付け根)が20mぐらい歩くと痛くなってくる。
自宅の階段の上り下りも痛い。

(回答)
股関節(付け根)周辺の筋肉の緊張・癒着をとる。
①の症状も関係している。

(結果)
20m歩いても痛みは出ませんでした。
もっと歩いてもらい確認したかったのですが、時間がありませんでした。


③両足首(表)~足の甲の部分が熱くなったり冷たくなったりする。
いつということはなく、良い時とそうでない時と波がある。

(回答)
下腿全体に緊張・癒着がある。
腓腹筋の起始部~下、特に屈筋群などの緊張・癒着を取る。

(結果)
この部分をじっくりやる時間がありませんでした。
治療時は何ともないということだったので、確認できませんでした。

山田先生お忙しいところありがとうございました。

岩手県大船渡市立根町字宮田76-2
おかざわ自然整体院 岡澤 淳
電話0192-27-2836
ブログ http://blog.livedoor.jp/shizennkeitai/

人気ブログランキングへワンクリックお願い致します

スポンサーサイト

tag : 痛み

両足拇指の痺れと違和感

両足拇指の痺れと違和感

58歳 男性  事務職

①2ヶ月前から左太もも外側(場所としては腸脛靭帯のあたり)に痺れのような痒みのような感じがする。
左の片足大腿前方牽引捻転をすると下半分は良くなってきたが、上半分は変わらない。
他に方法が思いつかないので、山田先生に質問しました。

回答
筋肉の癒着です。
@@@@法と指撫法をやる。

今回は時間があまりなくなってしまったので、次回からは時間をかけてやります。


②両足の母指の横(内側)に麻酔がきいたような(表現が難しい)感覚がある。
損屈法をやっても動作法をやっても横引きをしても変わらないので山田先生に質問しました。

回答
損屈の症状ですが、皮膚が厚く(うろ覚えです)なっているので、
通常の損屈法では意味がありません。
@@@@@法と指撫法を繰り返す。

→5分ぐらいやってみました、変化ありません。
足りないのでしょうか?

回答
3年ぐらい前からということなので、1回2回では取れないと思います。
繰り返しやること。

→患者さんは糖尿病を患っており、糖尿病が原因なのでは?と
言っておりますが、違いますよね?

回答
違います。
損屈です。

患者さんに説明し、継続治療となりました。

山田先生お忙しいところありがとうございました。


岩手県大船渡市立根町字宮田76-2
おかざわ自然整体院 岡澤 淳
電話0192-27-2836
ブログ http://blog.livedoor.jp/shizennkeitai/
人気ブログランキングへワンクリックお願い致します


テーマ : 医療・病気・治療 - ジャンル : 心と身体

拇指の痛み、もわもわ感

拇指の痛み

34歳 男性 自転車屋

この患者さんの主訴は20年前からの後頭部から肩甲骨にかけての痛苦しさ。
それも鉄パイプが入っているかのような強いコリ。

これは@@@法+指撫法で痛みはほとんどなくりました。
重苦しさに変わり、どんな治療を受けても全く駄目だったのにと患者さんも楽になってきて喜んでいました。

今回は両足の拇指の付け根のモワモワ感と屈曲痛。
これは小学生のときにジャンプし、尖った所に着地してからこのような症状になった。
損屈法をしても@@@@法と指撫法、動作法、緊張還元法などをやっても変化がなかったので
山田先生に質問しました。

回答
損屈の症状ですね。

→やってみましたが変化ありません。

回答
深いところの損屈なので、骨に近いところから引っぺがすようにやる。

→やってみましたが変化ありません。
 患者さんが自分で外上方に曲げる時だけ痛みがでます。
 私が曲げても痛くありません。

回答
それは足底筋に緊張が残っています。
そこを叩打法と横引きを繰り返すと治まります。

結果
5分から10分くらいやりましたが、変化ありませんでした。
主訴の部分の施術にも時間がかかるので、足だけじっくりできませんでした。
かなり強い癒着だと思うので時間がかかるのだと思います。
引き続き治療を続けます。
山田先生、お忙しいところありがとうございました。


岩手県大船渡市立根町字宮田76-2
おかざわ自然整体院 岡澤 淳
電話0192-27-2836
ブログ http://blog.livedoor.jp/shizennkeitai/
人気ブログランキングへワンクリックお願い致します


テーマ : 医療・病気・治療 - ジャンル : 心と身体

tag : 痛み

右手親指の激痛 何もしなくても痛む 触ると激痛

10年前からの右手親指の激痛
 何もしなくても痛む 触ると激痛


46才 女性 主婦

何もしなくても関節が痛む状態が10年前から続いている。

家事なども食器洗いはご主人が代わってやっているとのこと。


地元の有名病院を数10軒、すべて通ったが原因不明と言われたそうである。

原因不明などあり得ないと思っている私は、

原因を追及しもしないで、簡単に言い切る体質に憤りを感じる。

プロとして失格ではないか?


最近では鍼に通っていたが、治らず、以前から友人に勧められていたのを

思い出してやっと遠路を通って来られた。


身体全体を治療して、右手親指の治療を開始した。

数分もかからず激痛は解消!


試しに親指に触ってみると何も痛がる反応はない。

でも、ご本人はそれに全く気づかないでいる。


念のために入念に治療しておいて確認し、

痛みがあるかどうかを聞いてみると


患者さん 「えっ、何ですか?」

私     「いや、指の痛みはどうですか?」

と言いながら親指を触って見せる。

でも激痛があった部分を触っているのに気づかない。


患者さん 「えっ、あらっ、痛くない!えっ?」

いつものような光景です。(笑)


「エーっ、不思議???」

と言いながらいろいろと触って試している。

でも、当然痛くない。

遠くから来た甲斐があったというもの。

余程嬉しかったらしく、治療所を出てすぐにご主人に電話をし

ご主人から紹介した方に電話があったそうで、

紹介した方からすぐにお礼の電話があった。

ご主人の喜びもひとしおと思われる。


私も治療のし甲斐があったというもの。


当然私の喜びもひとしおである。


人気ブログランキングへワンクリックお願い致します

テーマ : 医療・病気・治療 - ジャンル : 心と身体

tag : 痛み 右手親指

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。