スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

肩の打撲

肩の打撲

15才(高1) 男性   (息子です)

体育の時間、サッカーをやっていてヘディングをやって着地する前に(空中で)、左肩前面(脇より数センチ上)を前方やや外側やや下方から、走ってきた人とぶつかり強打。
ぶつかった時の腕の位置は、真下よりやや後ろ。(たぶん)

直後は、痛みのため地面を転げていた。

ぶつけたところが赤くなっている。その周囲5センチ四方くらいが押すと痛い。
局部は、ちょっとさわっただけで、かなり痛い。
(1)左腕が、水平ぐらいまでしか上がらない。
(2)脇を締めると、肩の関節の真上くらいが痛い。
(3)肘を曲げて外旋させると、脇の上のあたりが痛い。

損屈をやってみたが、ちょっとさわると痛がるので、思うようにできない。
損屈だけではないと思ったので、質問。

ぶつかった時の状況を曖昧にしか聞いていなかったので、山田先生に聞かれても答えられず、2度ほど、一旦電話を切って、もう一度問診。(聞いたら上記のような状況)

(2)の症状について。

回答
ぶつかった腕の位置で、回内させる。

結果
少しよくなった。

ならば、もう少し長くもう一度やる。

結果
まだ少し残っているがだいぶいい。


(3)の症状について。

回答
回内した状態で、上腕の後ろ斜め上を後ろから前に叩打法。

結果
あまり変わらない。

どこが痛い?

ぶつかったあたり。

ならば、それは損屈でしょ。損屈をやればよい。

その後、時間をおいてから、マザーキャットをつかって損屈をやってみた。
だんだん痛い範囲が縮まり、局所だけの痛みとなった。
座位では腕は上がらないが。
仰臥位では、少し痛みがあるが腕が上がるようになった。

その後、研修のため2日間家を空けたが、帰宅後聞いたら、少し痛みが残っているが座位でも腕が上がる。
それほど気にならないから、治療の必要はない、とのこと。

打撲の状況の問診が全くなっておらず、何回も聞き直し。
損屈以外は、治療の方法が全くわからなかったので、まだまだ勉強不足を痛感しました。

山田先生、何回もありがとうございました。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪  
  秋田県湯沢市関口字関口15-2 
  コスモス自然形体院  小松 尚子
  TEL 090-5596-4792
  ホームページ  http://www.cosmos-shizen.jp/
  ブログ       http://blog.goo.ne.jp/koma1958/
   メールアドレス sk-357@kdt.biglobe.ne.jp
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

人気ブログランキングへワンクリックお願い致します

スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療 - ジャンル : 心と身体

tag : 痛み

34歳男性 左足の痛み 打撲

34歳男性 左足の痛み 打撲

テーブルの側面にぶつけて、その後は全く痛みも無く、熟睡、
起きてから歩けなくなる位痛みがでてました。


歩くと、折れた様な激痛でしたが、

術後は、痛みは数割とれたのかな?って感じでした。


翌日には、歩いても痛くなく、コワバリが残っているだけでし
た。

夜になってからは、コワバリすらなくなって歩いてもジャンプ
しても全く痛みがなくなりました。ゼロ。

山田先生の新技の4、で効果がでたと思ってます。


ありがとうございました。

人気ブログランキングへワンクリックお願い致します



テーマ : 医療・病気・治療 - ジャンル : 心と身体

打撲の後遺症、肩、膝、肘、足首

打撲の後遺症、肩、膝、肘、足首
日本在住の米国人男性 30代?(今は忘れてるので…)。
見上げるような長身である。多分190~200cm?

10年前に壁に激突して右の膝、肘、肩を強打しあらゆる病院、カイロドクターのところで治療を受け、日本でも整体や鍼灸の治療を受けたが殆ど症状は変わらなかったり、逆に悪化したりの状態だった。
又、漢方薬も試して見た。結果は前記と同じ。

6年前から反対側の膝、肘、肩も痛み出した。右同様に治らなかった。

以上は前回5月16日に紹介した。
それ以来1ヶ月ぶりの2回目の治療である。
今回は3日前に右肘を痛めた。重いものを持って痛めたそうである。
右肘だけでなく肩も痛めていた。
肘は触っただけでも激痛である。この男性、痛みに非常に敏感で弱く、初回は汗びっしょりで、自分でも痛みに弱いと言っていた。
今日は前回より、安心して治療を受けられますと。

奥さんの話によると3日前に又痛めてから、治療日は何時か、何時かと2時間おきに何回も聞いていたと言う。(笑)
治療が終わって痛みも全部消え、帰る間際に神妙な顔をして、

「こんな人間ですが、よろしくお願いいたします。」(爆笑)

なんだか、日本人に見えてきた。

こうした自然形体療法の事例を多くの苦痛を抱える人々に知ってほしいと思います。
その為に人気ブログランキングをクリックして頂けるとありがたく思います。

人気ブログランキングへワンクリックお願い致します


テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

打撲の後遺症、肩、膝、肘、足首

日本在住の米国人男性 40代?(今は忘れてるので…)。
見上げるような長身である。多分190~200cm?

10年前に壁に激突して右の膝、肘、肩を強打しあらゆる病院、カイロドクターのところで治療を受け、日本でも整体や鍼灸の治療を受けたが殆ど症状は変わらなかったり、逆に悪化したりの状態だった。
又、漢方薬も試して見た。結果は前記と同じ。

6年前から反対側の膝、肘、肩も痛み出した。右同様に治らなかった。

痛みの原因は多くあり、その一つ一つを取り去ると、付き添いで来た女性と顔を見合わせ、痛みがなくなったことを報告している。
ところが付き添いの女性(奥さん?)の方がその変化を良く判っていて関節の曲がり具合で痛みがなくなったことを察知していた。
最初より全然違うよ!

治療が終わって、最後に私に握手を求めてきた。「凄いです!」
そして、整体、操体?を習ったことがあると私に告白した。
それよりも遥かに凄いでしょ?と言うと「凄いです!」

この男性予約時間よりもかなり早く来て待っていたが、私が全く休まないのを見て、「疲れないんですか?全然休まず治療していましたが?」
「多少は疲れますが、本質的に力を使わないので、疲れません。だから、汗をかいていないでしょ?」
これを聞いて納得の風であった。
聞くと、痛みで10kg以上やせたと言う。
無理の無い筋トレを教えて終了である。

始めは日本語が話せるのか?と心配していたら、何と流暢な日本語で受付と話をしていた。
治療中も全部自分で症状を説明してくれた。
私は、英語は度胸の流儀なので、先ずは一安心であった事をお伝えしておく。
やれやれ…。他国語は治療よりも疲れるので…。

人気ブログランキングへワンクリックお願い致します

テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

打撲の後遺症

688hanas.jpg


打撲の後遺症 で何年も激痛が続き、触れただけで痛むような後遺症が残る事がある。
これは、打撲した部分とその下部の部分の細胞、組織が潰れた状態になっていて、何年もその状態が続いているのである。
この状態が痛みの原因である。これは藥や注射で治る問題ではない。当然ながら、ブロック注射も効果を奏さない。

治療方法はこの潰れている状態を解消させてやれば即座に治る。
奇跡のようだが、当然の結果である。
こうして、からだは現代医学の常識から見れば、奇跡のような回復を見せてくれるが、それ程、凄いのである。

このブログのタイトルはここから来ている。正にからだの奇跡である。治った人はまるで魔法や奇跡のように言うが、治療を受けていても大した事をしているとは思えないからである。
むしろ、何もしていないのに治ったと感じたり、そう言う方が多い。
症例については、後日紹介する。

人気ブログランキングへワンクリックお願い致します

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。